想い、紡いで

心にあふれるいろんな想い。

これからの日々を

日々は過ぎていきます。

淡々と、押し流されるように。

震災から100日が経ち、いろんなことが少しずつ落ち着いてきているように見える今日この頃。

でも、震災は終わってなどいない・・・ということ、日常のふとした瞬間に思います。

当初は麻痺していて感じなかった痛みを、今頃になって感じます。

周囲で不用意に発せられる言葉に、報道の中で使われる言葉に、流れる映像や写真に、時々心臓を掴まれたようになります。

先日、震災後初めて、実家の建つ場所よりも海に近い南の地域に足を踏み入れました。
今まで、怖くてどうしても行くことができなかった地域。
思い出がたくさん詰まった町の変わり果てた姿を見るのは怖かったんです。
でも目をそらさずに見ておかなくちゃいけない気もしていました。

南に向かってちょっと車を走らせましたが、人っ子1人どころか、猫の子1匹すら見かけず、見慣れたはずの景色が異世界のように思えました。
友達の家が、馴染みの商店が、思い出の公園が、みんなみんなメチャクチャになっていました。
廃墟と化した家々が立ち並んで、映画で見るゴーストタウンそのもので・・・町が壊滅するというのは、こういうことなのか・・・と、胸を打ち抜かれたようになりました。

言葉にならなかったし、涙も出なかった。

ただ、打ち抜かれた胸が痛かった。

私の暮らす仙台では、もう震災前とほぼ変わらぬ生活を送ることができていて、震災があったことや被災した人がいるということは、日々の忙しさの中で風化していきます。
でも、被災者にとっては未だ終わらぬ現実があります。
終わらぬ現実・・・というよりも、これからのことを考えると、「始まってしまった現実」というべきかもしれません。
心の整理をつけ、生活の立て直しをはかるのに、これから長い長い道のりが待っています。

人は、こういうとき、どうやって自己を再生していくんだろう。
私には、その手立てもわからないけど、ただ日々を必死に生きていくことで、ずっと歩んできた道を、いつの日か、ふと振り返ったときに「これが再生への道のりだったんだ」って思えるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い場所

遠い場所

ふと空を見上げたら、幾筋ものひこうき雲。

遥かかなたでクロスしてる。

本当は重なり合ってるわけじゃないけど、遠い遠い、この場所からだから、そう見えるんだね。

離れて初めて見えるもの・・・私の周りにもいっぱいあるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の町から

桜の町から

ようやく訪れた春。

待ち遠しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

支え

支え

鮮やかな黄色に元気をもらえる。

思わず笑顔になる。

花は無理しようとしない。

自分を良く見せようともしない。

その潔さが私にもあれば…と思う。

今日は亡き親友の生まれた町に行ってきた。

ダメな自分を見つめなおして、友の声に耳を澄ましてきた。

「弱いとこも、強がるとこも、どんなあなたも好きだから」
そう言ってくれたことを思い出した。
その言葉を今も信じていてもいい?

支えていてね…すぐに折れそうになる心を。

私を見守っていてね…遠い空から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸に秘めた恋

逢いたい、そばにいたい…ただ一心にその想いを叶えたくて、全てを引き換えにした。

守ろうとしてくれる家族も、愛を伝える為の声も、自らの命さえも犠牲にした。

身体を切り裂かれた痛みすら、心を切り裂かれた痛みと悲しみに比べれば耐えられるもの。
彼女は海の泡と消えた。
愛すればこそ、消えることを選んだ。
自己犠牲…それもまた一つの愛の形。

これは童話なんかじゃない。大人の為の恋物語だ。
読みながら、はらはらと涙が落ちてきた。

本当の恋を知らなかった頃は、きれいな物語だと思ってた。
でも、本気で恋をすれば誰でも持つ醜い気持ち、嫉妬や羨望、独占欲…そんなものが描かれた世界だった。
だからこそ、どんな童話よりも胸に迫る。

20100205201827

人魚の恋の物語。
色とりどりの煌めく刺繍糸で織り上げられた愛の世界。
恋する気持ちは、どこまでも愚かで、そしてどこまでも美しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どんなときも

笑顔でいることの意味を改めて知りました。

梅雨のある日、紫陽花を眺めながら自分自身と約束しました。
どんなときも、人に笑顔を向けよう、真心を込めて接しよう・・・って。

学期末だった昨日、人に向けた笑顔や真心はこんな嬉しい形で自分に返ってくるものなんだな・・・と実感しました。いろんな人からいろんな言葉をもらって、嬉しくて嬉しくて、言葉の花束を抱えて眠りにつきました。

でも、私が笑顔でいられたのは、支えてくれた人たちがいたから。
笑顔をもらって、また別の誰かに笑顔を渡す・・・そんな笑顔のリレーがずっとずっと続くといい。

これからも、私がもらった笑顔や言葉、優しさを、また別の誰かへと「恩送り」していこう。
どんなときも、ありったけの想いを込めて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浄化

いつも自分の生き方に迷い、これでいいのかと考える。
守らなければならないものを必死で守りながら、時々全てをぶち壊してしまいたくなることもある。
たった一度の人生、自分の思うとおりに生きて何が悪い・・・と、脱線してしまいたくなる自分がいる。

世の女性たちは、どのように自分の人生を泳いでいるのだろう。過去、女性たちはどのように生きて、その人生を終えていったのだろう・・・と、気になったりもする。

激しく生きた女性の心、想いに触れたくて、女性が主人公の文学作品を読み耽る日々。揺らぐ気持ちに共感したり、激しすぎる感情がどうしても理解できなかったり、思うままに生きることができた女性が羨ましかったり、そういう生き方もあるのかと納得したり、考えさせられたり・・・。

私自身はどうしたいんだろう?
これから先、どう生きていきたいんだろう?
これ以上の何かを得たいと思うだろうか?
大切な物で溢れかえりそうなこの腕から、何かを捨てたいと思うだろうか?

母である自分。
妻である自分。

だけど、そんな枠を外した、ただの自分がここにいる。

20091208140808

当直明け、海に行ってきた。
12月の、よく晴れた午後。
冬の海は穏やかに凪いでいて、人影もほとんどなくて、砂浜は積もったばかりの新雪みたいにきれいで、誰の足跡もない。
波打ち際まで、私の足跡だけが続く。

この世には私だけしか存在しないんじゃないかと錯覚するほどの静けさ。

ただ波の音だけが、耳の奥にこだまする。

海を眺めているうちに、たくさんたくさん涙が出てきた。
ずっとずっと溜め込んでた毒が涙と一緒に出てきた。
悲しい映画を観たり、切ない小説を読んだり・・・そんなことで流す涙とは違う涙。そうやって泣いても消えなかった、誤魔化しきれなかった、私の一番痛む部分と、きちんと向き合うことができた。

胸の痛みを海に捨てた代わりに、貝殻を一つ持ち帰ってきた。

空が青い。鳶が飛んでく。
ここにきて良かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あの空に帰ろう

あの空に帰ろう

on the way back home
on the way back home
泣きながら
輝きの降る場所 あの空に帰ろう

幼い頃の夢を思い出せますか?
都会の星が 月が 問いかけてる気がする

on the way back home
on the way back home
心だけ
悩みなき 青い あの空に帰ろう

鈴木祥子「あの空に帰ろう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぐくむ

必要なタイミングで、必要な言葉に出会うのは偶然か、それとも必然でしょうか。

生徒達の心を、どんなふうに受け止めていくべきか。今、私にできること、すべきことは何なのか。
それは日々繰り返され、どこまでも続いてゆく課題。
答えが見えてきた!こうすればいいんだ!と光差すのも束の間で、また次々と生徒達は私にいろんなことを問うてきます。

昨日の勤務中、いろんな生徒がいろんな角度から発した課題を抱え込んで、持て余してしまって…あれこれ考えすぎて疲れてしまいました。
息抜きにとパラリとめくった本の中に、ハッとさせられる言葉がありました。仕事のヒントを得たくてめくった本ではないのに、なんてすごいタイミングで出会ってしまったんでしょう。

山下景子さんの「恋色の日本語」という本に書いてあった言葉です。

「育む」とは、「羽」の「は」と、包むという意味のを「くくむ」が合わさって「はぐくむ」なのだそう。もともとは親鳥がひなを抱く様子を表す言葉だったということです。

先人はなんと素晴らしい言葉を私たちに残してくれたことか。
教育について、もとを辿ればこんなにシンプルなこと。
教育もそう、育児もそう・・・いろいろ難しく考えてしまうけど、根底にあることは簡単。
やわらかな羽でそっと包み込むように、抱くように、その命を、その心を慈しむ。あたためる。それが「はぐくむ」ということなんだ・・・と気付きました。

教育には人によっていろんな考え、思いがあるけれど、先人が日本語として残した「はぐくむ」の意味を心の真ん中に置いておけば、きっと間違うことはない。そう思えました。

「育つ」の語源は「巣立つ」だとも書いてありました。はぐくんで、いつか巣立つ日を見守ろう。それが教育ということだ。

というのが、昨日の深夜3時。私が得た結論。

今日、呪文のように「はぐくむ・はぐくむ」を心の中で唱えながら、生徒といろんな話をしました。涙・涙で、本音や弱さ、そんなものを曝け出してくれました。
おいで、いっぱい包み込んであげるよ。あたためてあげるよ。
そんな気持ち。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夜空でつながっている

ユーミンのこの歌を初めて聴いたとき、いい歌だなぁ・・・って思った。何度も口ずさんで、歌詞もメロディもすっかり覚えて、お気に入りの1曲になった。

その数ヵ月後に、この曲が私にとって、こんなにリアルに感じられる曲、支えてくれる曲になるとは思いもしなかった。この歌詞が私の気持ちそのもので、今では、この歌詞が誰のどんな慰めよりも私を支え、しっかりと立たせてくれている。

大切な人を失って、それでも私は今こうして生きている。
あなたの分まで頑張らなければ・・・と思ってみたり。
同じ時代を生きたのに、私だけが歳を重ねていく・・・と思ってみたり。
もう二度と会えないんだと嘆いてみたり。

でもそんな難しいことじゃないんだね。
私たちはちゃんと夜空でつながっていて、あなたはいつでも心の中にいてくれて・・・これからも一緒に歳を重ねていけるんだと思う。
いつか遠い夜空で再会できる日まで。

数え切れないほどの悔いが残ってるよ。
それはいつか会えたら謝るよ。

まずは、誕生日おめでとう。
私はやっぱりあなたが生まれた日を祝福したい。

「ありがとう いつでも 心の奥にいてくれて

だから明日 私また歩き出す」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧