« 祭り囃子 | トップページ | 蓮の花 »

繋がっていく

親友を亡くして三年。
夏に逝った彼女が、また夏と一緒に帰って来たような気がします。
お盆休みの昨日、仏前に手をあわせに行ってきました。

遺影の中の笑顔は、私が彼女と一番濃い時間を過ごした学生の頃の笑顔とは少し違っています。
あの頃の笑顔はもっといたずらっ子みたいで、茶目っ気たっぷりで…でも、遺影の笑顔は、そこに母親としての幸せと優しさが加わった、穏やかな笑顔で…。

彼女の家に向かう道すがら、彼女が出産した病院の近くを通りました。
生まれたばかりの我が子を抱いて微笑んでいたのが昨日のことみたいなのに、生まれた男の子はもう10歳。
あの日から、もう10年経つんだね。

わずか7歳で突然母を失い、彼は今日までどれくらい悲しんで泣いたんだろう。


彼は最近、「お母さんにはどんなお友達がいたの?」なんて質問をするのだそう。
お母さんには私みたいな友達もいたのよ、と、いつか話してあげられるかな。
親でも知りえない、私しか知らない彼女の姿、思い出をたくさん聞かせてあげたい。
彼女からもらってきたたくさんの優しさを返せるとしたら、彼女の忘れ形見の息子に私がしてあげられることがあるとしたら、在りし日の彼女の姿や言葉を話して聞かせることだけ。

ねぇ、あなたの息子はすくすくと育っているね。
次のお正月には、私に年賀状をくれるんだって。
とても楽しみだよ。

あなたが天に行ったとき、こんな気持ちになれるとは思わなかったよ。
あなたが見えない糸で彼と私を繋いでくれたのね。

ありがとう。

|

« 祭り囃子 | トップページ | 蓮の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146541/55419983

この記事へのトラックバック一覧です: 繋がっていく:

« 祭り囃子 | トップページ | 蓮の花 »