« 3.11 | トップページ | 厳しい現実 »

被災地に咲く。

F1000401

ここ仙台にも春が来ました。

桜は開花宣言からわずか3日で満開となり、一気に咲き乱れ、そして強風に煽られ、雨に打ち濡れて、既に終わりかけているところもあります。
あまりに短かった、今年の桜。

東日本大震災発生から、およそ1ヶ月半。
1ヵ月半は、とても長いようで、でもあっという間だったようで・・・時間の経過がよくわかりません。
まるで一夜の夢のような現実感のなさ。
今日までの日々を、ただただ夢中で過ごしました。

東日本大震災・・・悪夢のような出来事だったけれど、支えてくれる手の温かさ、人との心の繋がり、言葉の力・・・そういうものを確かに感じた日々でもありました。

F1000387_2

瓦礫だらけの実家の裏庭に、水仙がひっそりと・・・でも力強く咲いていました。

何もかもが色を失い、セピア色の写真のような風景の中に咲く鮮やかな黄色。そこだけが何かに照らされたように輝いていました。
それはきっと、命の、そして季節の輝き。

その、物言わぬ強さと優しげな姿に涙が溢れました。

瓦礫の中に咲く水仙を、私は生涯忘れないと思う。

こんなふうに強く生きていかなければ。

|

« 3.11 | トップページ | 厳しい現実 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

桜、キレイですね。
力強く咲く花。
生命力にあふれていますね。
私にとって花は癒しですが、勇気ももらえるんですね。
ますます花が好きになりました。

失えば必ず得るものがあるといいます。
cranberryさんにとって未来が明るいものになるよう、応援しています。

投稿: kokoro | 2011年4月26日 (火) 19時33分

Re:kokoroさん

kokoroさんのブログのお花にも癒やしてもらっていましたが、改めてお花の持つ癒やしや生命力に感嘆しています。
季節が移り変わり、実家の庭に藤の花も咲こうとしています。
自然のエネルギーに脅かされ、また自然のエネルギーに癒やされ勇気をもらって生きていく…。
私達も自然の一部なんだと感じますね。

投稿: cranberry | 2011年5月 7日 (土) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146541/51460566

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地に咲く。:

« 3.11 | トップページ | 厳しい現実 »