« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ハラダのラスク

ハラダのラスク

久しぶりにお取り寄せしました♪
群馬県のガトーフェスタハラダのラスクです。

先日、友人にいただいて、すっかり虜になってしまったのです♪
友人にいただいたのはラスクにホワイトチョコがコーティングされたもので、すっごく美味しかったの!
なんか贅沢な味で、一枚食べたら心が満たされます。

ホワイトチョコのラスクはもちろんまとめ買い。
その他にプレーンなラスクも購入しました。
袋には「王様のおやつ」って書いてあります。なんだか貴族な気分(笑)。

お買い上げ金額はラスクだけで約4000円。
自分へのご褒美って言いながら、贅沢おやつやら化粧品やら健康食品やら…散財しまくりの今日この頃です(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迷いの中で

前向きであること。
今の私にとっては、これがなかなか難しいことで・・・。

毎日毎日自分に言い聞かせなければ、ちょっとしたことですぐに心が折れてしまいます。
でも、今日車を運転しながら、ふと思いました。
私は周りの人達にいろんなことを求めすぎていたのかもしれない・・・ってこと。

自分をわかってほしい。
気持ちに寄り添ってほしい。
想いを受け止めてほしい。
甘えさせてほしい。
叱ってほしい。
支えてほしい。

ほしい、ほしい、ほしい・・・それが叶わないから悲しくなって、苦しくなって、孤独感に押しつぶされそうになって。
でも、求めてばかりではいけない。

自分の悩みを解決できるのは、きっと自分自身だけ。
心の声を聞いて、寄り添うことができるのも自分自身だけ。
誰かに聞いてもらっても、100%理解してもらえるはずもないし、私だってどんなに心を尽くしたとしても、誰かの悩みや苦しみを100%理解してあげることなどできない。

人の優しさや思いやりに触れることで癒される部分ももちろんたくさんあるけれど、それでも最後の最後に頼れるのは、信じられるのは自らの再生力。

人は生まれながらにして孤独。
親子だって兄弟だって、夫婦だって恋人だって、個別の存在。
みんなそれぞれの内側に、誰も入り込めない無限の宇宙を持ってる。
人は時々、自分の内部にある宇宙で迷子になる。
最近の私はまさにそんな感じで、自分の中で迷子になって、何も見つからない、抜け出せない状態でした。

「してほしい」と願うことで、周りの人に何かを教えてもらったとしても、それは本当の意味での答えではない。誰かに求めた答えは、結局は自分の答えにはならない。

やっと、そこに辿り着けました。

人の優しさに支えられながら、励まされながら、それを力にして自らの足で歩んでいくしかないんですね。
生きている限り、何歳になっても、この課題はつきまとうものだけれど、少しずつ課題を乗り越えて行こうと思います。

それにしても・・・私って本当に毎度毎度気持ち凹みやすい人だなぁ(苦笑)。
我ながら世話が焼けます(泣)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

枝豆の呪縛

気が付けばもう2月になってた!更新、滞り過ぎですね~(汗)

いろんな出来事がなかったわけではく・・・というか、ドラマチックなほど、いろんなことが起こりましたとも。
もうね、悲劇のヒロイン状態ですよ。
三十路半ばにして「ヒロイン」って表現もどうか思いますが(苦笑)。

ま、いろいろありましたけども、その中で笑うしかない話をひとつ。

先日、自分の髪の毛の毛先を眺めて、傷みがひどいなぁ・・・とため息。
思い立って、美容院でメンテナンスしてきました。
なんでも、その美容院の技術は県内唯一のものらしく、口コミで県外からもお客さんがくるほど、上質なタンパク質を原料とする薬剤を使用しているのだとか。
髪がどんどん生き返るということで、施術してもらいました。

美容師さんが満面の笑顔で言いました。

「このタンパク質は枝豆のタンパク質なんですよ~。普通の薬剤は使うほどに髪を傷めますが、これは逆で、使うほどに髪が艶々になりますからね~。ただね、においがなかなか取れないのが難点なんですよ。枝豆のにおいが」と。

「え?枝豆・・・?」

施術が終わって、髪はつやつや、きらきら。
しっとりしています。
自分の髪をず~っと撫でていたい気分。
美容師さんも「どうですか、この艶感!」と満足気。
うん、うん、いいね、我ながら♪

が、しか~~し!

確かに枝豆のにおいがする・・・。

うん、間違いなく枝豆。
シャンプーしても枝豆のにおいがする。
3日経ってもまだ枝豆のにおいがする。

どうなのよ?髪の毛から枝豆のにおいを漂わせている女子って!
女子力、一気にダウン・・・。

あぁ・・・なんか最悪な気分(T T)

ええぃ、ビール持ってこ~い!!(やけくそ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »