« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

静かな眠り

静かな眠り
小学校の教室から、ふと外を眺めた。
冬のプールは、ただ寂しげに、ひっそりとそこにあった。

夏になれば、子供たちの歓声と水しぶきの音が響くこの場所は、今は静かに眠ってるみたいだ。

水面に映り込んだ冬景色。葉を落とした木の枝のシルエットが、とてもきれい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリスク地獄

美味しそうな食べ物のうち、どれか1個だけに、激辛のものが入っていたりする、ロシアンルーレット的なゲーム、ありますよね?
昨日、そのゲームに出させられました。

テーブルに並べられたヨーグルトの中に異物。
さあ、一体誰が口にするのでしょう??

で、見事に当たってしまいました~(≧ヘ≦)

異物の正体は、粉々に砕かれたフリスク。
食べたら、鼻に超強烈なミントの刺激が!!
喉が!!鼻が!!舌が!!唇が!!ってな刺激。

仕掛け人に聞いたら、フリスク1箱分入ってたらしいです。
フリスクは1個でも刺激的なのに・・・1箱って、殺す気!?

フリスクヨーグルトを食べ終わったあと、用意されていた水を飲んだら、とっても甘くて美味しかったの。
「砂糖水を準備しててくれたんですね~」と言ったら、「え?ただの氷水ですよ?」だって。
氷水が砂糖水みたいに甘~~く感じた経験、あります?

おかげで、しばらく味覚がおかしかったですよ~( ̄Д ̄;;
みなさん、フリスクには気をつけて!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ春ですね。

忙しくて、立ち止まる暇もなくて、心が置き去りになる。

いろんなことが落ち着かなくて、感情がぐらぐら揺れる。

大好きだったはずの春。

いつからこんなに苦しく感じるようになったんだろうね。

満開の桜の下なら、そんな気持ちも和らぐかな。

潮の香りに包まれたら、いつもの自分に戻れるかな。

心を解き放ちたい。

・・・・・・な~んて、暗いね~~~、私 (;´Д`A ```

せっかく桜のテンプレに変えたんだしね、

もっと春らしく、優しくありたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おへそが痛いくらい

おへそが痛いくらい
今日は友人宅でパーティーでした。
みんな、それぞれに食べ物を持ち寄ってのホームパーティー。
女が7人も集まると、そりゃあ食卓も色とりどり、ちょっとしたバイキング並みです。

キッシュに豚の角煮、手羽先の照り焼き、お刺身、漬け物、パン、ブラウニーなどなど…。

私はケーキ寿司を作りました♪
カニとホタテ、イクラと蒸しエビと卵焼きをのせて、海鮮ちらし寿司風に。
真ん中のサーモン、バラの花に見えるかな??
葉っぱの代わりにつぼみ菜を使いました。

女7人、とにかく止まらずトーク&トーク、ひたすらガールズトーク(笑)。

おしゃれのこと、子供のこと、夫のこと、社会情勢のこと、ダイエットのこと、恋のこと…話題はくるくる変わりつつ、途切れることなく、気付いたら7時間が経過してました!
息ができなくなるくらい、おへそが痛くなっちゃうくらい笑った笑った!

最高に楽しい集いでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出をスクラップ

年度末を迎えています。

卒業していく生徒達、進級していく生徒達、そして保護者さんたちにプレゼントしたいものがあって、毎日少しずつ作っています。

それは、思い出の写真のスクラップブック。

今年度一年間で撮り溜めた数百枚に渡る画像の中から、良い写真をプリントアウトして、あれこれコラージュ。プリントアウトした写真は、気付けば180枚を超えていて、これを全てコラージュするのはなかなか骨の折れる作業です。正直なところ、コストもバカにならないくらいかかっていて・・・。

だけど、どうしても何か「形」に残したかった。この1年間の生活の記録、楽しかった思い出を、生徒達にそれぞれの家庭に持ち帰ってほしい・・・そんな気持ちで。
保護者さんからは見えない、知りえない日常の1コマ。
「こんな笑顔で過ごしているんですよ」って知ってほしい。

そしてこれは、私から生徒達へのお礼状でもある。
「こんな笑顔を見せてくれてありがとう」
「たくさんの思い出をありがとう」って。

パソコンに保存された数百枚の画像。
それは一緒に過ごした日々の証。
一枚一枚を眺め、選別作業をしながら、思わず私も笑顔になる。
目頭が熱くなる。
こんなふうに、成長を喜べることがとても嬉しい。

もうすぐ新しい春がやってくるね。
みんなにはどんな未来が待っているかな。
でももう少しだけ、一緒に思い出を重ねていこうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心と体

半月ほど前から続いてる仕事でのゴタゴタ。
私の中ではきちんと処理して、前向きに進めたと思ってた。
もう今は怒りに体が熱くなることもないし、悲しい、やるせない気持ちになることもなくなった。

…けど、しっかり後遺症が残ってました。


心は思った以上に体に影響を与えるものなのですね。

ストレスと疲労による免疫力の低下が原因、だそうで、事が起きた数日後から調子がおかしくなってしまい、その後、週2回のペースで通院していました。
心と体は繋がってるんだな…って改めて感じました。

一昨日も通院し、再検査でした。
検査結果が出るのは金曜日。結果が良ければ通院は終わりだけど…どうかなぁ、治ってるかなぁ。

心のほうは友人に甘えて助けてもらって、すっかりリセット。元気いっぱいです。
体のほうも生活には全く支障ないくらい元気なんだけど(夜遊びできるくらいだからね)、完治しないうちは、やっぱり気分が悪いもんです。
あ〜、結果待ちってブルーだぁ。

みなさんもストレスにはくれぐれも気を付けて下さいね〜。ストレスは怖いですよぉ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンスランバー

つい先程帰宅〜!もう日付が変わってしまったよ。

飲んできたわけではありませんよ。
「ゴールデンスランバー」をレイトショーで観て来ました!

いや〜、おもしろかったぁ〜!!
ドキドキしたし、ハラハラしたし、キュ〜ンときたし、グッときた〜。
何のこっちゃ!って感じですが、とにかく良かったんです!
びょおびょお泣きながら観ましたよ。
ここには詳しいことなんか書きませんよ、うっかりいろんなことをバラしてしまいそうだもの(笑)。
何気ないシーンがパズルみたいにどんどん繋がっていく様は、ドキドキの連続、とだけ書いておきましょうか。
伊坂幸太郎、ブラボーです!


ただ一つ残念なことは、一人で観に行ってしまったもんでね、観終わった後に気持ちを分かち合い、語り合う相手がいなかったのが悲しかったってこと(>_<)
誰か、この気持ちを受け止めて!!ってか誰もいないし!!みたいな…。

ホントに良い映画でした…。絶対また観た〜い。
今度は誰か一緒に連れ込んで(!?)楽しさを分かち合うぞーo(^o^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琥珀の時間

琥珀の時間
グラスの中でハートが揺れています。
氷のハートは、丹念に彫られた芸術品。

昨夜は琥珀色のお酒に、身も心もゆったりと酔って、とても幸せな気分でした。

美味しいお酒と楽しいおしゃべりに、心の中に沈んでいた澱が静かに溶けて流れていきました。

甘やかで強めのお酒は、ふわふわした幸せな気持ちと、今日になっても消えない余韻を私に残してくれました。

…つまり、二日酔い(笑)。

でも、こんな余韻も素敵なものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸せを願って

幸せを願って

今年も雛人形を飾りました。

愛しい娘の健康と幸せを願いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸に秘めた恋

逢いたい、そばにいたい…ただ一心にその想いを叶えたくて、全てを引き換えにした。

守ろうとしてくれる家族も、愛を伝える為の声も、自らの命さえも犠牲にした。

身体を切り裂かれた痛みすら、心を切り裂かれた痛みと悲しみに比べれば耐えられるもの。
彼女は海の泡と消えた。
愛すればこそ、消えることを選んだ。
自己犠牲…それもまた一つの愛の形。

これは童話なんかじゃない。大人の為の恋物語だ。
読みながら、はらはらと涙が落ちてきた。

本当の恋を知らなかった頃は、きれいな物語だと思ってた。
でも、本気で恋をすれば誰でも持つ醜い気持ち、嫉妬や羨望、独占欲…そんなものが描かれた世界だった。
だからこそ、どんな童話よりも胸に迫る。

20100205201827

人魚の恋の物語。
色とりどりの煌めく刺繍糸で織り上げられた愛の世界。
恋する気持ちは、どこまでも愚かで、そしてどこまでも美しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

癒やしの珈琲

癒やしの珈琲
当直明けの昼下がり。
お気に入りのカフェでまったり過ごしています。

カフェのドアを開けると、マスターが「グァテマラでいいですか?」とにっこり。
こういうの、なんか嬉しくなるよねぇ。
いつも飲む、好みのコーヒーを覚えていてくれたんだな…って。

あ~…美味しい。癒やされる。

ブラインド越しの陽があたたかい。
眠くなってきちゃった。

今日はこれから着付け教室です。
買ったばかりの紅紫色の帯締め、似合うかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな本屋さん

さてさて、自分のことでいっぱいいっぱいで、母親業がおろそかになっているのでは・・・!?と思っていたら大間違いですよ。ちゃんと母として、子供の経験値もアップさせております(笑)。

先日、イオンモール名取エアリの未来屋書店でのイベントに参加してきました。
日頃は見ることのできない本屋さんのバックヤードを見学し、実際に本屋さんの仕事の一部を体験できる「本屋さん探検ツアー」というイベントです。

子ども達はバックヤードに通され、エプロンをして店内へ。大人物のエプロンなので大きくて、まるで魚屋さんみたいで、とってもかわいいの♪
店内でのルールも教えてもらい、参加した子たちみんな、とっても真剣な表情でした。

まずは、機械を使って、漫画本のビニールカバー掛けをして、その本を書棚に陳列する作業をさせてもらいました。本屋のお姉さんから、どの本がどういう分類に基づいて書棚に並んでいるのかを教えてもらい、子ども達は興味津々。
一生懸命に陳列作業をしました。

20100124144300_2

20100124145518_2   

次に、店内のお客様への挨拶です。大きい声で「いらっしゃいませ!」を言うこと、初めは照れていた子ども達ですが、お姉さんに応援されて、元気に挨拶することができるようになりました。

続いて、レジの奥の端末機器を見せてもらい、店舗の営業成績ランキングや売れ筋の本のランキングなども教えてもらったようです。

最後に店内をチェックし、乱れた棚の整理整頓をしました。

全部で1時間ほどの体験でしたが、終わった後はどの子も誇らしげな表情でした。大人と同じ仕事を体験し、頑張りを認めてもらった子ども達、自信に繋がったんだろうなぁと、私も嬉しくなりました♪

子供にはできるだけいろんな体験をさせてあげたいな。いろんな体験を通して得たものは、間違いなく子ども達の財産になるんだものね。

後日、未来屋書店のお姉さんから記念写真が届きました。
いい思い出になったね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あれから10 年…

およそ10年ぶりに榴岡図書館に来ました。
仕事で使いたいと思った本が、榴岡図書館にしかなかったので取り置きしてもらってました。

10年程前、榴岡駅のすぐ近くに住んでいて、その頃しょっちゅう立ち寄っていた榴岡図書館。狭いし、本も少ないし、お世辞にも立派な施設とは言えないんだけど、懐かしい場所です。

そうか…、あれからもう10年も経ったんだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が降り出しました。

仙台では年々、積雪量が減ってきているのが寂しい。

雪がたくさん積もった夜は世界が仄白くて、水中にいる時みたいに、物音がくぐもって聞こえる。
そんな夜に、しばらく出会ってない気がする。
世の中の物事をダイレクトに見たくない、今日みたいな日には、雪で霞んでよく見えないくらいがちょうど良い。
世の中の物音をダイレクトに聞きたくない、今日みたいな日には、雪が雑音を吸収してくれたら嬉しい。
守られてるみたいで、ホッとする。

心にも、真っ白な雪が降り積むといいのに。
何にも負けない、汚されない白い雪みたいな心でありたい。

「雪が降る音を聞いたことがある?」

この前、そんな問いをもらった。
今夜はその「雪が降り積もる音」が聞けるかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クールダウンしないと…

クールダウンしないと…
仕事をする上で、怒りに任せて物申す…というのは一番嫌い。
いつも、どんな場面でも冷静になれと自分にブレーキをかけてから、丁寧に言葉を選んできた。

だけど、だけど今日はどうしようもなかった。
極めつけの一言で、神経の糸がフッ…と静かに切れた。言葉と感情がせき止められず崩落してきて、私の中から飛び出した。
先週からずっと、溜めに溜めてた、やるせない気持ちは怒りに変わった。
横っ面をひっぱたいてやりたいような感情に駆られた。

あんたにとって、仕事って何なんだよ!?
心がないなら辞めちまえ!

そう思った。


今朝、出勤途中で涙が出てきて、家に引き返そうと思った。それでも涙を拭いて、いつもの私でいこうと決めた。
なのに…。


休憩時間、近くのカフェでクールダウンです。
また夕方まで頑張れるように。

「春の香り」というブレンド。後に残る苦味が切ないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »