« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ゆく年

いろんなことがあったなぁ・・・と、一年を振り返りました。

悔しくて、悲しくて、嬉しくて、あたたかくて、そして幸せで・・・。

生きているということに感謝せずにはいられない一年だった。

ありがとう。

心からの感謝の気持ちを込めて・・・。

040

<水の森公園にて、暮れ行く西の空を見送る>

皆様、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せなひとときでした。

昨日、日月譚 自閉症児×2 犬×2 猫×3との暮らしのムーコさん宅へお邪魔してきました♪

冒頭から愛の告白になってしまいますけれども、私はムーコさんという女性が大好きです、ウフ。
ムーコさんは母として、ひたむきに、真っ直ぐにお子さんたちに向き合っていらっしゃる。ムーコさんのブログを読みながら、何度吹き出すほど笑い、そして何度涙をこぼしたことか・・・。ムーコさんの姿には学ぶことばかりです。
ブログを通してムーコさんのお人柄に魅了され、こうしてお宅訪問までしてしまう仲になったわけですが、昨日はムーコさんご夫婦に心のこもったおもてなしを受け、本当に感激でした♪

ムーコさん宅はブログタイトル通りの大家族です。到着すると、大家族の皆さんが猛烈に歓迎してくださいました。特に、ラブラドールレトリーバーの竜君と小梅ちゃんの興奮ぶりといったら、「ああン、こんなに喜んでくれるなんて~♪」と、自分がとっても人気者になってしまったかのような錯覚に陥るほどでした。
あ、スミマセン、大きな勘違いでしたね。

012_2 小梅ちゃん、可愛すぎるぅ(≧m≦)

ムーコさんのお子さん二人も、私たち親子を歓迎してくれました。下の子同士は小2で、同学年だからでしょうか、初対面ながらも仲良くゲームで遊んでいました。自己紹介もせぬままに、「ねえ、君」と呼び合っている姿がかわいくて(≧∇≦)

娘は・・・というと、猫ちゃんズに夢中。娘は猫好きで、何日も前からムーコさん宅で猫ちゃんズと遊ぶのをとっても楽しみにしていたので、猫ちゃんズとの一時が本当に嬉しかったみたいです♪ず~っと猫じゃらしをパタパタさせていました。
私も動物達との触れ合いについつい興奮してしまい、はしゃぎすぎて、実はここには書けない様な恥ずかしいトラブルが発生してしまっていました。ええ、ムーコさんにも話せないままでしたけども、実は小梅ちゃんと遊びながら、密かにトラブっていました(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
まるで、まいっちんぐマチコ先生(古っ!)みたいだよ、トホホ。

021 017

さてさて、私達が夢中で遊んでいる間に、ムーコさんの旦那様が蕎麦を打って下さっていました!なんと鮮やかな手つき。まるで本当の職人さんのようです。

007

016 024_2

どうです!?お蕎麦屋さんみたいでしょう (≧∇≦)
ざる蕎麦と、上のお汁は温かい鴨南蛮です。
旦那様は前日の深夜までかかって、丹念に蕎麦つゆを作るためのお出汁をとっていたそうです。

愛情たっぷり、オール手作りの手打ち蕎麦完成です。職人さん顔負けの、均等な細さの麺。
コシがあって、すっごく美味しかったです♪
一足先に年越しをしてしまった気分(*^ー゚)

さて、満腹になった後は水の森公園へ連れて行っていただきました。
水の森公園は冬の間、白鳥が飛来してきているそうで、白鳥達にパンをあげてきました。沈みかけた夕日の中、羽を広げる白鳥たちは美しかった。
数年前に白鳥を見ながら娘が言ったセリフを思い出しました。「私も羽がほしかったなぁ。どうして私には羽がないの?」と。その時、私は「あなたは背中にではなくて、心に羽がついてるんだよ」と言ったけれど、昨日は、ムーコさんのお子さん二人とうちの二人、4人の心に生えている羽が見えた気がしました。
みんな、どこまでも自由な心で飛んでいました。

029

ムーコさんのお宅に伺って感じたことは、お二人とも本当に家族を大事にしていらっしゃるんだな~ってこと。
旦那様が何度もムーコさんのお名前を優しく呼んでいたり、ムーコさんがまるで恋人のように犬の竜君に囁いていたり、ムーコさんちのお兄ちゃんの眼差しがとっても穏やかだったことも、下の弟君のおしゃべりや、私に触れる仕草の可愛らしさも・・・愛し合っている家族って、こんなにもあたたかくて、そばにいる人まで幸せにしてしまうんだな~って感じました。そりゃ表には見えないこともいろいろあるでしょうけれど、でもお互いに想い合っている夫婦って素敵で、居心地がいい。ムーコさん一家に囲まれて過ごした時間はとてもほんわか幸せ気分でした。

ムーコさん、年の瀬の忙しい時に押しかけてしまってごめんなさいね。でも本当に楽しかったです♪ありがとうございました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

I am dreamer・・・??

それは一体の水死体から始まった。

森林公園内の美しい湖面に浮かぶ水死体。学校指定のジャージを着ているその姿からするに、どうやらまだ中学生。

空にはニュース実況のヘリが飛び交い、レスキュー隊が遺体を引き上げている。翌日の新聞に踊る見出しに、私も動揺する。

そうこうしているうちに、第2、第3の事件が発生。そのあたりで、ある法則(何かの番号のような暗号的なもの)に基づいて事件が起きていることに気が付いてしまった私。鍵になっているのは黒いビニール袋に包まれた物品。それを手にしたものは危険な目に遭うらしい。

私は次に狙われる人がわかってしまい、懸命に次のターゲットに「狙われてるから気をつけて!!」と伝えようとするも、どうやら近くに犯人が潜んでいるらしい。
犯人に気付かれないようにしながら、次なるターゲットに狙われているということを伝えることは至難の業。伝えられずにいるうちにまた事件は進展してしまい・・・。

そんな私の存在に気が付いた犯人が、ついに私のことも狙い始め、私は必死で逃げている。それはそれは息を呑むようなスリリングな逃走劇。恐ろしくて心臓がどくんどくん跳ねている。

ついに逃げ切って、安堵のあまりに、思わず持っていたスライスチーズ(やや溶け気味)を食べたら、スライスチーズの包みのフィルムが立てるカサカサした音で犯人に気付かれてしまい、ジ・エンド。

こんな夢を見てしまい、朝から超ブルー・・・。
どっと疲れたよ( ̄Д ̄;;ドヨーン
なんなのよ、最後のオチ。スライスチーズって・・・一体ナニ。

で、翌日。
今度は私、KAT-TUNのメンバーになってた!!(゚ロ゚屮)屮
ライブ後の楽屋で、新加入の下っ端として頑張ってたー!!
KATーTUNなんて、全く興味ないのになんで~!?
謎だらけ・・・。
私、病んでるんだろか(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家屋倒壊の危機

Happy Merry Christmas♪

いつものクリスマスはケーキを作ることが多いです。忙しい時は買ってくるけど、子供たちと一緒に作るほうが子供にとっても私にとっても嬉しい♪

でも今年は・・・ケーキではなく「お菓子の家」を作ってみました。
じゃじゃ~ん!!
おお~、なんだか可愛らしくできたんじゃない!?なんて、一見そう見えますが・・・実は、家屋倒壊寸前です!!ってか、すでに屋根が1枚ない。

そもそも、家のパーツをクッキー生地で作るってこと自体が厳しい。焼き上がる頃には寸法狂いまくりですよ。それでも何とかここまでもったものの・・・今まさに崩れ落ちようとしています。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

子供たちと笑いながら、工作みたいに作り上げたお菓子の家、見た目はイマイチだけど、良い思い出になったかな(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Happy Merry Christmas♪

Photo

笑顔で過ごせますように。

心安らかでありますように。

幸せでありますように。

愛を込めて、大切な人たちにカードを送りました。

サンタさん、届けてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんなときも

笑顔でいることの意味を改めて知りました。

梅雨のある日、紫陽花を眺めながら自分自身と約束しました。
どんなときも、人に笑顔を向けよう、真心を込めて接しよう・・・って。

学期末だった昨日、人に向けた笑顔や真心はこんな嬉しい形で自分に返ってくるものなんだな・・・と実感しました。いろんな人からいろんな言葉をもらって、嬉しくて嬉しくて、言葉の花束を抱えて眠りにつきました。

でも、私が笑顔でいられたのは、支えてくれた人たちがいたから。
笑顔をもらって、また別の誰かに笑顔を渡す・・・そんな笑顔のリレーがずっとずっと続くといい。

これからも、私がもらった笑顔や言葉、優しさを、また別の誰かへと「恩送り」していこう。
どんなときも、ありったけの想いを込めて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

着物

今日、着物をいただいてきました。
着付け教室の講座内容に、プレゼントとして含まれていた着物で、柄は素敵な江戸小紋。
江戸小紋は準礼装にもなる格式高いものだそうです。

どうも最近、私は紫に縁があるようです。
先月、自分で買った着物も紫、今日いただいた着物も紫でした。
「う~ん、紫の着物、持ってるんだけどな~」と、ちょっとガッカリでしたが、自分で買ったほうは深い紫紺色で、こっちは藤紫っぽい色合いなので、まぁ良しとしましょう。
本当は萌黄色や薄浅葱色など着てみたかったのですが、これも何かの縁なのでしょうね。

ついでに、今度は全8回の着付け講座に申し込んできました。だってね~、やっぱり3回じゃ覚えられないわ。
今度の講座は来月中旬スタート。とても楽しみです♪

社交ダンスを習い体を動かす傍ら、着付けを習って凛と背筋を伸ばす。そうかとおもうと、突然ベリーダンスを踊ってみたくなったりする。自己流だけに、どうも腹踊りっぽいインチキ臭さだけれども。
ROOKIESのマンガ本を読みながら、古典文学を併読する。ちなみに今日は額田王の世界にどっぷりでした♪
こんな感じで全くバラバラ、日替わりの興味関心。自分の興味関心が次はどこに向かうのかわからなくて、そんな自分がちょっとおもしろいなーと思います。
つまりは「熱しやすく冷めやすい」ってことなんだけどね(;´▽`A``

でも着物、ひいては和の文化への興味関心はしばらく続きそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつか

今朝、子供達の洗濯物を干していて思った。

デカくなったな~…と。

今気付いたわけではないんだけど、改めて。
以前は子供服用のハンガーをわざわざ買ってきていたのに、この頃は普通サイズのハンガーの方がちょうどいい。
娘のサイズは140。デザインによっては150でもいいくらい。
私でも十分に着られる程のサイズになったことに、嬉しさと同時に寂しさを感じる。
二人がどんな青少年に成長していくのか楽しみでもあり、ずっと今のまま、小さいままで甘えていてほしくもある。

午前3:37。
息子が私の布団に潜り込んできた。まだ赤ちゃんみたいな匂いのする息子の髪の毛。フンフンと匂いを嗅ぎながら(笑)また眠った。

この小さな息子が、いつか私を見下ろす日が来るんだな。
その時、私は何を思うだろう。母親を見下ろすくらいに大きくなった時、息子ってのは何を思うんだろう。

いつか私の背丈を追い越す時、今よりももっともっと大切な存在になってるはず。これからまた積み重ねていく思い出の分だけ、大きくてかけがえのない存在に。

大好きだよ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

形のない財産

にぎり福

先日、勤務を終えて帰宅したら、一足早く、しかも私宛てにサンタクロースからのプレゼントが届いていました。

箱の中に、たくさんの可愛いもの、おいしいものが詰まっていて、とても嬉しくなりました。
そして、何よりも嬉しかったのが、このお守り。
「にぎり福」といって、鎌倉の本覚寺のお守りで、毎朝ぎゅっと握るとご利益があるそうです。
プレゼントの箱に入っていたお手紙には、「cranberryさんに多くの福が訪れますように・・・」としたためられていました。
こんな私を見守っていて下さる、あたたかく優しい気持ち。
目頭がじんと熱くなりました。

実は、私はこの方のお顔を存じ上げません。ブログが縁で繋がって、お手紙などやり取りさせていただいています。
不思議なことなのですが、お顔の見えない方だからこそ・・・なのでしょうか。素直に、包み隠さずにいろんな気持ちを伝えることができるのです。本当に純粋に心だけで繋がっている、私にとってはとても大切な方です。

そして、夜中にメールチェックをしたら、今度は別な方からの嬉しいメールが届いていました。やはりお顔は存じて上げていない方ですが、「cranberryさんがありのままをブログで書いてくださることでなんだか一人ぼっちではないような気になれます。つながってますよーーー」と・・・。
またぐっと喉の奥に熱いものが込み上げてきました。
こんなに感情剥きだしで、ぐらぐら揺れっぱなしの私に共感してくれる人がいる。遠くで見守ってくれている人がちゃんといることに気付かずに、自分だけが辛いみたいな顔して思い悩んでいる自分ってバカだなぁ(苦笑)。
ただただ感謝あるのみ・・・です。

ブログって、不思議。
パソコンの向こう側に、顔も名前も知らないけれど確かに繋がっている人がいるんだもの。
コメント欄にではなく、「勇気を出してメールしてみました」と直接メールを下さる人が時々いることがとても嬉しい。同じ気持ちを抱えた人が、同じ空の下にいるんだなぁ・・・って。

こんなご縁、大切に大切にしていきたい。
ブログで得たご縁は、私にとって「形のない財産」です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

この冬も

この冬も
勾当台公園にスケートリンクができました。
今年、スケートリンクはオープンしないと何故か勝手に思い込んでいた私、周りにも「今年はスケートリンクないみたい〜」って言ってました。ごめん、真っ赤な嘘、ガセネタでした〜(笑)。

で、初日にさっそく滑りに来ています。楽しい〜♪

リンクの外から見ていると、可笑しいほど大人の男の人達がはしゃいでいます(笑)。明らかに大人の人数のほうが多いの。

今日の夕方からはページェントも始まるので、ますます混み合うだろうなぁ。
誰もが笑顔でなんだか幸せ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大ボケ

あ~、失敗してばっかり。
生徒たちから「天然!天然!!」と突っ込まれまくりです。
「クールで知的な先生を目指すから!」って宣言したら、爆笑されちゃったよ。マジなんだけど!笑うところじゃないんだけど!!

で、この2日間でやらかしたことといえば・・・
生徒のMDデッキに、MDを逆に差し込んで取れなくなってしまった!!
ひょえ~!!ごめん!!明日修理するから~(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

トイレにてバッグ水没!!(゚ロ゚屮)屮ギャー
牛革のバッグが・・・、
そして大事なメモリースティックが・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

オートロックの自宅マンション、鍵を持たずにうっかりエントランスを出ちゃって、自宅マンションから締め出されましたΣ( ̄ロ ̄lll)
だっ、誰か開けて!!私を家に入れて~||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||
だ~れもエントランス通らなくてね、しばらく外で立ち往生でした。

あ~・・・お粗末だわぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

涙の後には

昨日はめちゃくちゃだったなー・・・と、今更ながら振り返る。

冬の海で泣くなんて、一体何のドラマだ(苦笑)。
酔狂です、ハイ。
やってもいいけど、ここに書くもんでもないなー。
冷静になると、かなりこっ恥ずかしい(;;;´Д`)

でもやっぱり、必要なことだったのかなー・・・って、思う。
だって今日は何となく気持ちが軽い。
軽やか、とまではいかないけど。

昨日の夜は、かつてないほどの孤独感に襲われた。
眠ろうとすると、孤独のあまりゾッとして息が止まりそうになって、悲鳴にも似た声が出る。
体はもう眠いって言ってるのに、うとうとするのに、心が眠らせてくれない。眠りの淵から何度も何度も引き揚げられた。
こんなの、初めてだった。

それもこれも、寂聴さんが悪い(笑)。
寝る前に、瀬戸内寂聴の本を読んだ。
ズバズバと、斬られるわ斬られるわ。アイタタタ。
傷口に塩ですよ、しかも荒塩。

人は生まれながらしてに孤独なんだ、と。
孤独に甘えるな、孤独は自分ひとりで背負わなければならないお荷物なんだ、と。
同床異夢。
どんなに愛し合っていても、一つのベッドで抱き合って眠っても、二人で一つの夢を見ることはできない。相手の夢の中にまでは入っていけない。そのくらい人は孤独なのだ、と、寂聴さんが著書の中で語る。

あれ?そんなフレーズ、ユーミンの歌にもあったよ。
大好きになった曲のワンフレーズ。

寂聴さんの言葉と。
ユーミンの歌声と。
耳に残る波の音と、潮の香り。
みんなごっちゃになって、夕べは辛くて、でもいつの間にかちゃんと眠って、今日になったら、消化してた。

寂聴さんの言葉は、厳しくもあたたかくて、叱咤され、時間差で激励された感じ。
寂聴さん、こんなことも書いていました。

人は孤独だからこそ、互いに手をつなぎ、肌と肌で温め合う。
寂しいからこそ、相手の寂しさもわかる。思いやれる・・・って。

今の私に必要なことだったんだ。
身悶えするほどの寂しさも、人を思いやれるような心の種になる。

こんな私は未熟者でトリ頭。
三日後くらいには、寂聴さんの言葉に励まされたことなんて忘れて、また寂しいだの孤独だのと言ってるだろうけど、とりあえず、明日は明るく頑張っていこう。
涙雲のあとは、晴れ。半強制的に晴れ(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

浄化

いつも自分の生き方に迷い、これでいいのかと考える。
守らなければならないものを必死で守りながら、時々全てをぶち壊してしまいたくなることもある。
たった一度の人生、自分の思うとおりに生きて何が悪い・・・と、脱線してしまいたくなる自分がいる。

世の女性たちは、どのように自分の人生を泳いでいるのだろう。過去、女性たちはどのように生きて、その人生を終えていったのだろう・・・と、気になったりもする。

激しく生きた女性の心、想いに触れたくて、女性が主人公の文学作品を読み耽る日々。揺らぐ気持ちに共感したり、激しすぎる感情がどうしても理解できなかったり、思うままに生きることができた女性が羨ましかったり、そういう生き方もあるのかと納得したり、考えさせられたり・・・。

私自身はどうしたいんだろう?
これから先、どう生きていきたいんだろう?
これ以上の何かを得たいと思うだろうか?
大切な物で溢れかえりそうなこの腕から、何かを捨てたいと思うだろうか?

母である自分。
妻である自分。

だけど、そんな枠を外した、ただの自分がここにいる。

20091208140808

当直明け、海に行ってきた。
12月の、よく晴れた午後。
冬の海は穏やかに凪いでいて、人影もほとんどなくて、砂浜は積もったばかりの新雪みたいにきれいで、誰の足跡もない。
波打ち際まで、私の足跡だけが続く。

この世には私だけしか存在しないんじゃないかと錯覚するほどの静けさ。

ただ波の音だけが、耳の奥にこだまする。

海を眺めているうちに、たくさんたくさん涙が出てきた。
ずっとずっと溜め込んでた毒が涙と一緒に出てきた。
悲しい映画を観たり、切ない小説を読んだり・・・そんなことで流す涙とは違う涙。そうやって泣いても消えなかった、誤魔化しきれなかった、私の一番痛む部分と、きちんと向き合うことができた。

胸の痛みを海に捨てた代わりに、貝殻を一つ持ち帰ってきた。

空が青い。鳶が飛んでく。
ここにきて良かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

矛盾

深夜の当直室に一人、ぼんやり…動けずにいる。

この感情、どこに持って行ったらいいのかな。
こんな気持ちを抱えたままじゃ、私は前に進めないよ。

一人になりたい。
一人にしないで。

泣かないでと言って。
好きなだけ泣いてもいいと言って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出を積み重ねて

思い出を積み重ねて

また一つ大切な思い出が増えました。

美味しい料理、最高のお風呂、豊かな自然、悠久の歴史、そして心を許せる人達。
大好きな人達と過ごした一夜、笑い声が夜中まで響いて、とてもとても楽しかった。
言葉ではうまく表現できないくらい幸せな時間だった。こんな時間を共有できたこと、一緒に見た景色も、ずっとずっと忘れずにいたいな。

宿の女将さんの言葉が心に残ります。
「何一つ歴史のないものはないのよ」と。
そう考えると、世の中の全てのものに優しくなれる気がします。
そして人もきっとそう。生まれた瞬間から歴史は始まり、死ぬまで刻まれ続ける。年齢を重ねることで刻まれてゆく歴史、滲み出てくる艶。
これからの人生が、年齢を重ねることが楽しみだなと思えました。

優しくなりたい。
全てのものを愛して生きていきたい。
そんな気持ちにしてくれた人達に感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

この場所で…

この場所で…

この土地で暮らしていこうと決めたのは、
この景色を、毎年見たいと思ったから。

この街が好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頑張れ、母さん。

今日はホームセンターのペットショップで癒されてきました♪

10月に生まれた子猫と、母猫が同じケージの中で過ごしているのを、かなり長い時間じーーーーっと眺めてニヤニヤしてきました。
私、怪しすぎますね~(^-^;

子猫たちは兄弟で無邪気にじゃれあって遊んでいます。
お母さんも子猫たちを前足や尻尾でじゃらしたり、甘噛みしたり、遊んであげています。

遊ぶのに飽きると、今度はおっぱいタイム。お母さんはコロリと横になって、子猫たちにおっぱいを飲ませます。夢中でおっぱいを飲む子猫たちの頭や背中を、お母さんは愛しくて愛しくてしかたない・・・という様子でペロペロ舐めて毛繕いしています。子猫の背中に前足をまわして、何かから守ろうとしているようにも見えました。

そんな様子に「お母さん」なんだな・・・と、ジーンとしました。
子猫たちにおっぱいを飲ませながら、時々、ふと私のほうを見ては鋭い目で睨みつけてきます。子猫たちを見つめる目とは全く違う目付きで、まるで「この子達を傷つける者は許さない」とでも言いたげ。
そんな母猫に、涙が出そうになりました。
我が子を愛して、育てて、そして守ろうとしている。
それは母としての本能、母性。
小さな体に深い愛情を湛えて、精一杯子猫を育てているんだね。

ケージにはすでに子猫の買い手が決まっているという「売約済み」の札が貼られていて、なんだかとっても切なくなりました。こうして育てている子猫と、まもなく引き離されるんだな・・・って。

頑張れ、母さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけま

今朝のテレビでの話題です。

「つけま」とは、つまり「つけまつげ」のことだそうで、今のギャルのつけま装着率は、なんと90%なんですって。え~!?そうなの!?今どきのギャルは、そんなにみんな付けまつげしてるの!?とびっくりしました。私はつけま、未経験者なので・・・。
だって怖いじゃない??つけるのも怖いし、取るのも怖い。
気付かないうちにずれて、頬あたりに毛が生えちゃってたらイヤじゃない!?とか考えてしまうわけですよ。

つけま装着の理由として「目を大きくパッチリ見せたい」というのはわかったんだけど・・・別の理由として「盛れる」っていう理由が挙げられていました。
でも、「盛れる」という意味が理解できなかった私。
「盛れる」って、何が!?何を「盛る」の!?
インタビューで、ギャルの彼氏がギャルの恐ろしく不自然なつけまを見て「マジ盛れてるっす!」みたいなことを言ってたんだけど・・・盛れてるって一体何がー!?

それにしても、つけま・・・かわいいのかな~、あれ。
街で見掛けるつけまの女の子達、無駄にボリューミィで不自然だし、かなりの確率でまぶたからずれたり、はみ出している子が多いような気がするんですが。

って、こんなことボヤくあたり、私ももう若くないな~(今更!?)。
でも1回試してみようかな~(笑)。
さりげな~く、ちょろりと。

そうそう、今朝の息子の名言。

「つけまって、つけまゆげ!?」

まゆげは付けませんって!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伸び率

先日、職場の先輩に「髪が伸びるの、すっごい早いよね!?」と言われ、その先輩の隣の席の男性職員にも「自分もそう思ってた。見るたびに伸びてる気がするよ」と言われました。

自分では意識したこともなくて、「そうかな~?」くらいに思っていたのですが、実際どのくらいの勢いで伸びているのか計ってみました。(←私って意外とヒマなの!?)

思い返せば今年の1月・・・。
真冬だというのにベリーショートにしてしまいました。
野郎みたいになったとか、頭、寒くないの?とか、どうしたんですかー!?とか、いろいろ言われてしまうほどの短さ。

それが、11ヶ月の時を経て、今では和装したときに綺麗にアップできるくらいになりました。
計ってみたら20cmほど伸びていました。
えっ!?20cm!?11ヶ月で20cmはおかしくない??
しかも、4月と10月に毛先を切り揃えているので、推定22~23cmは伸びたと思う。月平均2cm以上の伸び。普通は月に1cm~1.2cmだそうで、ヒトの髪の平均伸び率をかなり超えていることがわかりました。

え~?なんでだろう??
三陸産のワカメのおかげ??
寝る子は髪も育つ??

なんだか理由はよくわからないし、オチもない話だけど、とにかく伸びています(笑)。数年ぶりに髪を伸ばしたいサイクルに入ったのでちょうど良いです。
この調子で頑張れ、私の髪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »