« 生姜頼み | トップページ | お江戸の女衆 »

お江戸の文化

先週の土曜日、人生で二度目の花嫁衣裳を着ました。

073_7      

                           

                                        

                                                                                                                再婚したわけではございません(笑)。

民族衣装文化普及協会による、公開講座「江戸を着る」に出演してきました♪

江戸の文化を衣装から学ぶという講座で、江戸時代の衣装の変遷と女性を取り巻く社会情勢などのお話でした。講師の先生のお話とともに、私たちモデル10人が舞台を一回りという趣向でした。

慶長小袖から始まって、江戸時代の豪商の奥方の着物、白無垢、被姿(かつぎすがた)、御高祖頭巾(おこそずきん)、角隠し、打ち掛け大奥、腰元、芸者などの姿のモデルがステージに上がりました。

で、私は角隠しの衣装を着させていただいたというわけです。
着物は年代物の、それはそれは素晴らしいもので、黒地に手書きの古典柄と金糸の刺繍が施されており、こんな機会でもなければ、袖を通すどころか、触れることさえできないものだったと思います。
みんなが「うわ~、すごい着物!」と注目、「写真撮ってもいいですか?」と来てくれ、一瞬自分がアイドルになったような感覚に。でも、私じゃなくて、着物なわけですよ、みなさんが見たいのは。勘違いしちゃいけませんね~。

ちなみに角隠しは、江戸時代の「かぶりもの」ということで、御高祖頭巾・被姿と並んで紹介されました。
美しく結い上げた花嫁さんの髪に埃がかからないように・・・と被ったものだそうです。
「角を隠して夫に従順に従う」という由来もあるようですけど、実際は至極実用的なものだったんですね。
言い伝えどおり、私も角を隠し続けていれば、もっとカワイイ嫁だったのかしらん??
もはや、角を出しまくっちゃったからね~、いまさら引っ込められないわね(爆)。

071_2 こちらの画像は、左から江戸時代後期の商家の奥方、白無垢、打ち掛け大奥です。

068 こちらは左が慶長小袖、右が江戸初期に大流行した帯結びだそうです。

                                                                                                                                                                                                                                           

ステージの袖で待機しながら、講義の内容もところどころ耳に入ってきて「、江戸にはそんな文化があったのか~~」と感心したり、驚いたり。時代の文化をこんな形で学ぶというのも面白いものです。

本当に貴重な体験をしたなぁ~~。

追記:
衣装を脱いで「お疲れ様でした~」と一礼。しかし・・・メイク落としグッズを持っておらず、私服なのに江戸時代メイク。
とんでもないことに・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

メ、メイク落としまではしていただけないのでしょうか・・・。していただけないのですね・・・。
今日のところは、これで解散なのですね・・・。
帰り、電車なんだけど・・・どうしよう・・・。

ティッシュでメイクを拭い、何とか少しは薄くなりましたが・・・江戸時代メイクから昭和の場末のスナックにいるホステス風なメイクになってしまいました(@Д@;
それはそれでいかがなものか・・・?

人目を避けるようにしながら、そそくさと電車に乗り込みました。この日、子供たちを友人宅に預かってもらっていたのですが、子供たちを迎えに友達の家に行くと・・・友達に「なにその顔~!!よくそれで仙台駅経由してきたね~!!」と爆笑されました(泣)。

みなさん、江戸風メイクにはお気をつけあそばせ!

|

« 生姜頼み | トップページ | お江戸の女衆 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

わぁ~とってもステキ♪
実物を見たかったです。
着物って、ホントにいいですよね。
私も最近無性に着物でお出かけしたい気分です♪
結婚式でも和装していないので、白無垢きてみたいです~。

PS:生姜やってますね♪私も相変わらず繊維も気にせずワイルドな方法でのんでます(笑)

投稿: kao | 2009年11月10日 (火) 00時26分

江戸時代の服装をしている方々がケータイ電話を持って写真に写っているのは... ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

昔の衣装を着て面白い体験をされましたね^^。

最後の江戸時代メイクのままで現代人に戻ったところは笑えました^^。

どうせならその写真をアップしていただきたかったですね^^。

投稿: 助蔵 | 2009年11月10日 (火) 08時04分

Re:kaoさん

実物を見たらびっくりですよ~、老けた嫁さんです(笑)。

着物、ホントに粋で素敵ですよね♪
私も着物をさらりと着こなしてお出掛けしたいです。
日本人女性で良かったなぁ~~としみじみ思います。
kaoさんの和装、似合いそう!
初めてお会いしたときの浴衣姿、印象的でしたもの♪

おかげさまで、生姜が大活躍です(^^)v

投稿: cranberry | 2009年11月13日 (金) 09時35分

Re:助蔵さん

そうなんですよ、楽屋裏はこんな感じで、江戸の女性達が携帯いじってます(笑)。
ホントに楽しい体験だったんですよ~!
待ち時間が5時間もあったのですが、みんなが変身していく様を見ていたらあっという間だったんです。

江戸メイク画像は本ブログ管理者による個人情報流出危機管理システムにより封印させていただきます~~(笑)。

投稿: cranberry | 2009年11月13日 (金) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146541/46705984

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸の文化:

« 生姜頼み | トップページ | お江戸の女衆 »