« 笑顔が嬉しい。 | トップページ | 蔵王きつね村 »

廣瀬川美術蔵:ダイジェスト

廣瀬川美術蔵、本当に素敵な催しです。
ため息の連続。
昨日はリアルタイムで更新しましたが、今日は昨日の様子を振り返りたいと思います♪

さて、開催まであと1時間を切りましたが、間に合うかどうかギリギリのところ。みんな必死の形相で最終チェックです。バーベキュースペースも昭和レトロな雰囲気です。

290

酒蔵ならではの光景!貯蔵樽を利用した看板、でかっ!
トラックの荷台に並べられた日本酒も素敵です。

285

酒蔵を利用した展示スペースはひんやりとしていて、日本酒の香りに包まれています。
森民酒造さんの日本酒の仕込みに使われているのは、広瀬川の伏流水。この水を、ガラス作家の村山耕二さんの作品「広瀬川の砂から作ったグラス」で試飲できます。
なんという贅沢!あこがれの村山耕二さんのグラスで飲めるなんて、なんという幸せ~♪

284

村山耕二さんのガラス、今回展示されたものは、広瀬川の川砂を調合し、熔解して作られた「仙台ガラス」と紀元前1世紀頃のガラスを現代に再現した「白瑠璃」。
仙台ガラスは緑がかった鼈甲色。
白瑠璃は淡いシャンパンゴールド。
どちらもため息の出るような美しさ。
でも女性的できらびやかな細工が施されたガラスの美しさとは全く異なるもの。
村山さんのガラスは、男性的で重厚なガラス。余計な飾りを一切削ぎ落とした姿の中に、繊細さが感じられました。
力強さや逞しさの中に秘められた、繊細な男性の心が見えた気がします。

279

古山拓さんの絵画は、広瀬川の四季を巡って描かれたもの。貯蔵樽を一周しながら、一つの物語を見ているよう。
始めは一本の線から、その手によって色を、命を与えられていきます。芸術家の手ってすごい。

281

さて、おさかな倶楽部のコーナーからはなにやら良い匂いが。焼くのを手伝いながら、ビール飲んで日本酒飲んで、イカやらホタテやらつまみ食い(笑)。たまらなく美味しい!!
あれっ!?もしかして、こんな私は役に立ってないー!?
ちなみに、穴子の白焼きが大人気でした!

291

初日の昨日は、夜にオープニングパーティーが行われました。作家の先生方とのトークを楽しみながらのひと時。
どの先生も気さくで、朗らか。芸術家は気難しいというイメージは完全に覆されました。
でもね、緊張してしまって、あんまりに話せなかったの~!!
村山さんから「いつでも工房に見学に来ていいですよ~」なんて言われて舞い上がりました。(≧∇≦)きゃー

あ~~、なんて楽しくて素敵なイベントなんでしょ。
今日は行きませんでしたが、また明日行ってみたいと思います♪

|

« 笑顔が嬉しい。 | トップページ | 蔵王きつね村 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146541/46262465

この記事へのトラックバック一覧です: 廣瀬川美術蔵:ダイジェスト:

« 笑顔が嬉しい。 | トップページ | 蔵王きつね村 »