« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

晴れたら海に行こう

私は海が好きです。
生まれたときから海や魚に縁があるのかな。
生まれは海の町、石巻。
実家は魚屋。
誕生石はアクアマリン。
人魚姫のお話がとても好きだった。
好きな色は白・青・青緑。
蒼・紺碧・瑠璃・翡翠にも惹かれる。

潮の香り、波の音、どこまでも青く、蒼い空と海。
そして白い砂、白い雲、白い飛沫。
海に行くと、悲しみも痛みも不安も涙も、みんな波と一緒に引いていく気がします。純粋な気持ちだけが残る気がします。

海の写真詩集を買ってきました。いつか、晴れる日という本です。
帯に、「雲の向こうに広がる空と海。降り続く雨も、いつか必ず晴れるから」と書いてありました。それだけで胸にぐっときます。
写真に添えられた詩が、心の琴線に触れてきます。今の私にとてもとても必要な言葉に逢えました。

いまは、わかってもらえなくても

いつか、伝わるかもしれない

なにもできないけど

なにかしたいという気持ちは

このまま持ち続けていこう

道に迷わなければ 新しい道はみつからない

まちがえなければ こたえのほんとうの意味はわからない

晴れたら、海に行こう。波に洗われて、心の中もきっと晴れるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茜の空

茜の空

日が長くなりました。

遅番の勤務を終えて、帰ろうとしたとき・・・空がとてもきれいでした。

陽が落ちる少し前の、刻一刻と変わりゆく空の色。

涙が出そうになります。

今日も一日、元気で過ごせたこと、

笑顔でいられたこと、

私の大切な人たちが、元気でいること・・・

感謝せずにいられません。

茜の空に祈ろう。

また明日も幸せであるように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の幻夜

きれいな水辺にしか生息できない蛍。初夏の夜、闇夜に浮かぶ蛍の光を見に行ってきました。

愛子パイパス、山岸のあたりに、蛍の里があります。蛍のために地域の皆さんが守ってきた場所なのでしょうね。

沢辺をコースどおりに歩いていくと、ポッ・・・ポッ・・・っと、あちらこちらに蛍の光が。真っ暗闇の中、光っては揺らめき、そして消えていく黄緑色の光の群れはとても幻想的で、時を忘れしばし眺め入りました。
大人たちもみな童心に帰るのか、方々から大人たちのはしゃぐ声が聞こえます。そして、「ほ、ほ、ほ~たるこい♪あっちのみ~ずは・・・」と、子供の歌う声も・・・。

蛍は、その身を燃やして、何を伝えようとしているのか。
後拾遺集の中の、和泉式部の恋歌が胸に残っています。

「もの思えば沢の蛍もわが身よりあくがれ出る魂(たま)かとぞ見る」

あなたを思うあまり、蛍の光が、うつろい出た私の魂ではないかと思えたわ・・・と歌う恋歌。いつの世も、人を好きになるときの気持ちは同じなのですね。
蛍の光を見つめることで、平安の歌人と想いが繋がった、そんな幻夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔の恋人に会いたい・・・

そんな気分になっています。

昔のパートナーなら・・・いつも私のそばにいてくれて、私の癖もライフスタイルも、望んでいることも全部知っていて。

新しいパートナーとの生活は、それなりに刺激的。あっ、こんな一面もあるんだ!って驚いたり、素敵♪ってどきどきしたり・・・でも、どうしていいのかわからないことも、しばしば・・・。
前のパートナーにしたことと同じ事をしてしまったら、反応が全然違っていて、それは間違いだったんだ、と気付いたり。こうして欲しいのに・・・という願いも届かなかったり。

なんだかフィットしないな・・・と、前のパートナーとのフィット感を思い出して、切なくなります。これからゆっくり時間をかけて、お互いを知っていかなくちゃいけないんだね。少しずつ足並みを揃えて行こうね。私も、前のパートナーとの間に作ってしまった癖を、直していくよう努力するから・・・。

つまり・・・携帯を変えたわけですよ。
8年くらい、機種を変えてもメーカーはSHのままだったので、手にSHの扱い方の癖が付いていて、「あれっ、このキーじゃなかった!?」「ああっ、消しちゃった!!」「また間違えたー!!」ってことばかり・・・。メール打ちにくいわ、スケジュール機能も目覚ましも、何もかもフィットしない(#゚Д゚)イライラ
古くなったし、バッテリーももたないし・・・あんなに機種変したいと思っていた携帯なのに、お別れして初めて気付いたよ。慣れた機種との生活の心地良さ。何も言わずに分かり合えてたんだなぁなんて、思うわけです。私の体の一部みたいに。
結婚生活もこんなもんかしら(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅酒その2

梅酒その2

昨日の朝に、また梅酒を漬けました。今回はtaroさんに教えていただいた、梅酒用のブランデーを使ってみました♪色がすでに美味しそうで・・・思わず飲んでしまいそうになります。
いかん、いかん、出勤前ですι(´Д`υ)アセアセ

先日漬けた梅酒と並べて置くと、色の違いが歴然。漬かっていく過程を眺めるのも楽しみです。先日漬けたほうは、氷砂糖が溶け、少し色も変わってきました。わくわくするなぁ・・・♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悲しき三十路

油断した・・・。
私、高燃費型な体質かも♪だなんて思って、完全に油断してた。
おいしいもの食べ過ぎてた、セーブすることなく、がっつりと。
だって、おいしいもの大好きなんだもの~heart01

あぁ、しっかり太った!!体型が明らかにおかしくなってる~!!このままでは、去年の夏に何を血迷ったのか、うっかり買ってしまったビキニの出番は今年もないと思われます。体型云々ではなく、そもそもこの年齢になってビキニってどうなの・・・という話もありますが(汗)

ビキニを着れるかどうかは置いといて、とにかくこのまま体重増加してはいかん、カロリー消費しなければ!!と思って、先日のダンスのレッスンで張り切ったばかりに、ただいま腰痛ひどくなってます。
しっかり運動に取り組みたいと思いつつ、しっかり取り組むと後遺症も残ってしまう微妙なお年頃であります・・・(´;ω;`)ウウ・・・

ああ・・・腰、イタイ・・・( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迷い道、回り道

仕事をしながら、日々迷うこと悩むことばかりです。答えはすぐには見えなくて、ずっとずっと後になってから気付くこと、わかることもたくさんあって・・・力不足、役不足、未熟さ・・・いつもそんなマイナス要因を感じています。ある精神科医は、その著書の中で「仕事というものは、嫌というほどこちらの弱点を暴きだすものだ」とおっしゃっていて、まったくだ・・・と思わずにいられません。

そんな私に、一筋の光を与えてくれたコラムがあります。全国障害者問題研究会出版部から発行されている月刊誌のコラムです。抜粋させていただきます。

「人間は弱い存在だからこそ発達する」、もう少しことばを付け加えるならば「人間は一人一人では弱い存在だから、仲間を求め、そのことを通して発達していく」と、発達プロセスをとらえたいと私は思っています。またこの発達の道のりは、脱線したり迷ったりしながら、ゆったりじっくりと歩んでいくものであり、その過程を味わうことでこそ、人間らしい誇りと輝きに満ちた中身が詰まった自分を作り上げていくことができると考えています。子供か大人か、また障害の有無にかかわりなく、一人一人の人間の弱さゆえに、仲間と手を繋ぎ、時間をかけて回り道をいとわずに生きていくことが、地に足をしっかりつけた主体の土台になる。

迷ってもいいんだ、脱線してもいいんだ・・・って、それこそが人間らしさなんだ・・・って、肩の力が抜けました。私は自分の中に「こうでなければならない」という、たくさんの枠を作っていて、そこから外れること=ダメな自分、能力のない自分ってどんどん落ち込んでいました。でも、悩みながら、「中身の詰まった自分」を作り上げていけばいいんだね。それは、子供たちも、私たち大人も一緒。みんな、それぞれの発達の途中にいて・・・。

生徒たちとも手を繋ぎたい。手を繋いで、一緒に回り道しよう。迷いながら、悩みながら、ときには道を見失いながら、ゆっくり進もう。回り道をしてみて、初めて見える景色がきっとあるね。むしろ、回り道をしなければ見えない景色だってあるはず。
そんな景色を、一緒に見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありえない…

月曜日の朝からやっちまった~(>_<)
ありえない初歩的ミス!!
過去最悪のおマヌケな失敗、もはやお笑いのネタとしか思えないんですけど…Σ( ̄□ ̄)!ブログになんて書けやしません。あまりに恥ずかしいんで。
23年も付き合ってきたのにね。23年間、こんなミスは一度たりともなかったのにね。
あぁ、自分がどんどんダメ人間に思えてきたぁ(T^T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鰹のたたき

鰹のたたき

今夜の夕飯は鰹のたたき。
自分で鰹のたたきを作ると言うと、「すごいね~!」と褒められたりしますが、私にとっては、これ以上の手抜き料理はないでしょっていうくらい簡単な料理。
本格的に金串を刺してあぶったりしません。フライパンで焼いちゃうのだ(爆)。

超簡単、鰹たたきのレシピ。料理人からは邪道だと怒られそうだぁ!

三陸おさかな倶楽部で、新鮮な鰹を購入する。ここ、すごく大事ね(笑)。こんな雑なレシピでも、とってもおいしくできちゃうのは、なんたって素材が最高だからっ!一筋単位で、すぐに鰹のたたきにできる状態で店頭にありますので。

②大きめのボウルに氷水を準備しておく。

③フライパンに軽く油を引き、鰹の皮の方から焼く。焼き加減はお好みで。皮の方は意外と火が通りにくいので、けっこうしっかり焼いたほうがいいかも。

④他の面も焼く。焼きすぎるとおいしくないよ。

⑤それぞれの面が焼けたら、氷水にさっと入れて冷やし、すぐに取り出す。余熱で中まで焼けてしまうのを防ぐためなので、すぐに取り出してね。そうすれば焼けたところの白と、赤身の部分と、きれいな2層になります。氷水に入れておく時間が長いと旨みが逃げちゃうので気をつけて~。
冷凍庫にほんの少し入れて、急速に冷やす手もあり。

⑥ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。

⑦お刺身よりも厚めに切ります。

⑧大葉や生姜、茗荷、小口葱などを乗せてできあがり。土佐酢で食べるのも美味しいし、野菜と一緒にサラダ風にしても美味しい♪なんたって素材がいいから(しつこい?)。

たたきはスピードが大事。もたもたしてると余熱で変色しちゃうので、段取りを整えてから作りましょう。10分もかからずに、ご馳走のできあがり~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節を楽しむ。

梅雨。
旧暦五月。
皐月の頃に梅の実が熟すことから、「梅雨」と呼ばれるようになったとか。日本人の生み出してきた言葉や文化って本当に素敵だなぁと、この歳になってようやく実感できるようになりました。和暦って、いいものですね。日本ならではの「四季の楽しみ」がぎゅっと詰まってる感じがします。古くから日本に伝わる、四季を楽しむ心。それは、自然のサイクルに自らの生活を寄り添わせていく、ごくシンプルでナチュラルなものなのかも・・・。

先日、授業で育てた青梅を、生徒たちが職員室に販売しに来ました。今年は梅酒を漬けてみようかなぁと思っていたところだったので、即買いです (σ・∀・)σゲッツ

043

右の大瓶(4L)はホワイトリカーを使った、ベーシックなレシピで作った梅酒です。青梅は1kg使用しました。生徒たちが丹精込めて作った青梅。どんな梅酒になってくれるかな。時々揺らしてみながら、数ヵ月後を楽しみに待ちたいと思いますo(*^▽^*)o

左は、母が作った梅酢をサイダーで割って、梅サワーにしたもの。お風呂上がりとか、ゴクゴク行けそうな爽やかさ!

そして手前は、友人オススメの京都の酢で漬けたピクルス。きゅうりとセロリとパプリカ、これもまたどんな味に仕上がるかな~♪

実は、この大瓶の後ろには更に3kgの青梅が・・・。生徒から青梅を購入した日の夕方、注文していた青梅も入荷されました。大瓶、もう3本買ってこなくちゃι(´Д`υ)アセアセ
こんなにたくさん梅酒を仕込むハメになるなんて・・・どうしよう・・・。
これはレシピを変えて、いろんな梅酒を作るしかないですね!

季節のおくりもの、こんなふうに楽しめるなんて、贅沢だね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ・ド・ギャルソン

おいしいコーヒーが飲みたいなぁ・・・と思ったときは、たいてい IWASA COFFEE PRODUCTに行きます。でも、たまには他のカフェに行ってみようかなとも思います。

実はけっこう前のことですが・・・国分町のギャルソンに行ってきました♪
入り口からはちょっと想像できなかったほど、店内は奥へ奥へと広い作り。カウンター席もとっても素敵だったのですが、せっかくいいお天気だったので、定禅寺通りの欅並木が良く見える窓際の席に座って一息つきました。窓からの景色、緑がとてもきれいで、いつまでも眺めていたいくらいでした゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

コーヒーを飲みながら、店内に目を向けると・・・何年、ここでこうしてお客さんを迎えてきたのかな・・・と思うくらい使い込まれて艶が生まれ、傷がついた家具たちが目に入ります。なんとも言えない艶とぬくもり。傷すらも、その価値を高めているように見えてきます。人にも、物にも、若いときにはどう頑張っても身に付けることのできない魅力というものがあるのですね。歳を重ねたからこその魅力。私もいつか、そんな魅力を醸し出せるかなぁ??なんとも難しいことだな(≧ヘ≦)

015 012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

cafe Palinka ガレリア

るーぷる仙台に乗り、瑞鳳殿前で下車するとすぐ目の前にある本格イタリアンレストラン・パリンカ。そのすぐそばに、オープンしたカフェ。同じオーナーさんのようです。
壁面には絵画が飾られ、ギャラリーのような素敵な内装♪

瑞鳳殿を堪能した後、こちらのカフェでランチしました。
メニューを見たらすごく食べたくなって、ナポリタンをオーダーしました。家庭的な味・・・を想像していたのですが、そこはさすがにオーナーさんがイタリアンレストランのシェフというだけあって、ナポリタンなんだけど、ナポリタンじゃない!ってくらい美味しかったです♪パスタの茹で加減も絶妙o(*^▽^*)o

027 026 029

カフェのすぐ隣には八木山陶芸倶楽部という陶芸工房もあり、この一角、とても素敵な雰囲気を醸し出していました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

背筋を伸ばして

背筋を伸ばして

仕事で失敗しちゃって、凹みモードから一夜明け、今日はなんとか気持ちを立て直すことができました。
昨日は自分のダメっぷりに嫌気がさして、もうメタメタだったけど、いつまでも凹んでたってしかたない。同じ失敗を繰り返さないように気をつけていくしかない!と半ば強制的に前向きに(苦笑)。

職場の敷地のあちらこちらに立葵の花が咲いています。私は初夏に咲くこの花が好き。青空に向かって、まっすぐに伸びている姿を見ると、「顔を上げて、背筋伸ばして!」って言われてるような気がして。

そう、前を向いていかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに真剣モード

私のやりたいことって、なんだろう?
何のために、何がしたくて、この場所にいるんだろう?
私は一体どこに辿り着きたいの?
最終的に目指すものって何?

仕事をしながら、時々沸いてくる疑問。
どうして、この仕事をしているのかがわからなくなる時がある。
障害を持った子供たちとの生活・・・それは夢に描いていた仕事。なのに、理想と現実の狭間でやりきれなくなる時がある。

時代の流れなのか何なのか、原因はよくわからないけれど、学校という箱の中では、いろんなことが難しくなりすぎていて、マニュアル化されすぎていて、キャパの小さい私は、ただ目の前にあることに必死で・・・ふと振り返ってみたら、一番大切なものを守れていないってことに気が付いた。

毎日毎日精一杯、それなりに仕事っぽいことをこなしながら、胸の隅っこで思う。私がすべきことって、こんなこと?って。障害を持った子供たちにとって、一番大事なことって、私がしてあげられることって何だろうと考える。これからの社会を生き抜くためのスキルを身に付けさせること?自分の身の回りのことを、きちんとできるよう指導すること?コミュニケーション力を付けさせること?たくさんの課題が、子供たちを取り囲む。立場上、私はこういうことをこなさなくちゃいけないし、それはそれで必要なことだとも思う。

けど、胸の奥で本当の気持ちが叫びだす、違う、きっとそんなんじゃないよ、と。
子供たちにとって一番大切なのは、愛されて、笑顔で過ごすことだよ。生きていることが幸せだって思えることだよ、と。

数年前に退職された先生が言っていた言葉が、今も胸に残る。

「子供たちに厳しくしてきたけどね、本当は、『障害を持って生まれた子供たちは、ただそれだけで、今こうして生きているというだけで、人の何倍も頑張っているのに、これ以上、何を頑張れというの?』っていう気持ちだったの、いつも」と。この言葉は、時々大きく響きだす。まるで「大事なこと、忘れちゃいけないよ!」っていう警鐘みたいに。

子供たちは、ひたすらに真っ直ぐで、愛しい。指導する立場にありながら、いつも私は子供たちに支えられてばかり。子供たちに出逢って、私は本当に幸せだと思える。私にこんな気持ちをくれる子供たちを、まるごと包み込みたい。抱きしめたい。障害を持った子供たちが「生まれてきてよかった」って、自分を愛してあげることができるように。曇りのない、ぴかぴかの笑顔で過ごせるように。私が本当にしたいことは、そういうことだ。

これからも落ち込みながら、自分のふがいなさに腹を立てながら、私は子供たちと向き合っていこう。「先生、大好き!」「先生、今度のお泊りはいつ?」「先生、また来年も私の担当になって!」そんな子供たちの言葉に励まされて、私は頑張れる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

CAFE CHOTTE(チョッテ)

いつのことか覚えてませんが・・・お子様連れにとっても優しいカフェに行ってきたのでご紹介♪カフェのカテゴリーに入れようか迷ったけど・・・「こどもと、どこ行く?」だね、ここはやっぱり(笑)
011

仙台朝市すぐそばの丸寿ビル5階にあるカフェ。夜はバーにもなり、さらに作家さんのハンドメイド品を販売したり、ギャラリースペース、イベントスペースとして貸し出ししていたりと、なかなか面白いカフェでした。ブックシェアリングなんかもやってるのね。
なにより魅力的だったのが、キッズメニューがあったこと!そして、小学生以下のお子様には駄菓子3つプレゼントだって♪お子様向けのサービスが充実していてます。絵本や、おもちゃ、レゴブロックなどもあって、お子様連れには嬉しいカフェですよ~。

当直明けの日に、ランチしに行ったのですが、お子様連れのお母さん方で大賑わい。子供たちも騒ぐ騒ぐ~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
でもお店の方も全く気にとめもせず・・・そういうのが大歓迎なカフェなんだなぁと、嬉しくなりました。子育て中のお母さんだって、子連れカフェ楽しみたいもんね!

子供たちの騒ぎ声が気になるわ~っていう方、ゆっくり大人時間を過ごしたい方は、夜カフェのほうがいいかもね(o^-^o)
テラス席もあって、今の季節はビヤガーデンしてるみたいです。弟からの情報によれば、テラス席にはキャンドルが灯って、いい雰囲気なんだって♪間違いなく、次回行くときはビヤガーデンだな( ̄ー ̄)ニヤリ

所在地:仙台市青葉区中央4丁目4-2 丸寿ビル5階
     (朝市のいたがきさんのすぐ近くでした)

TEL:022-265-5256

営業時間:11:30~23:00

定休日:日曜・祝日

HPはこちら☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近の男子カテゴリーって・・・

メガネ男子、スーツ男子に始まって、スイーツ男子、草食系男子・・・最近の男性はいろんな分類されてるんだなぁ~なんて思っていましたが、通勤中の車のラジオで、更にいろんなカテゴリーがあることを知りました。ラジオの男性パーソナリティの方も「なるほどね~」って笑ってました。「俺は間違いなく戦国男子だ。朝から暑苦しいって言われるんですよ」だって(笑)。ちなみに、その分類とは・・・。

お弁当男子・・・職場にお弁当持参の男性。

吸収男子・・・人の意見に肯定も否定も共感もしない、聞き役の男性。

戦国男子・・・常に闘志にあふれ、自分の力を誇示したがる男性。

豆乳男子・・・美容と健康のために豆乳を飲む男性。

イエメン・・・デートも、飲むのもお家が好き♪な男性。

ど、どうなのよ??この分類・・・。一体誰が考えたんでしょうね。
で、女性の分類はないのか?もしもあったら、自分はどこに分類されるんだ??と、つい考えてしまいます。
「おやじ系」だけは勘弁ですな( ̄◆ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とろたま♪

とろたま♪

たまごの白身は煮卵のようにしっかりとだし醤油の味が染みていて・・・でも黄身はとろり~ん♪お箸で割ると、とろけ出します。炊き立てのほかほかご飯に絡めて食べると、最高~☆

一昨日の深夜、なんだか眠れなかったので、思い立って仕込みをしました。寝かせること一晩・・・う~ん、まだしょっぱく、若い味。そして二晩目の今夜は、まろやかな美味しさに出来上がってました♪

私の大好きなたまご料理。今夜もしあわせご飯~heart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しあわせさがし

お弁当を持って、七北田公園に遊びに行ってきました。出発前はお天気イマイチでしたが、到着する頃にはぴっかぴかの晴天になっていました。新緑の頃よりも、ぐっと青葉が生い茂っていて、緑の楽園のようでした。公園は家族連れで大賑わいでしたよ~。なぜか人力車まで走っていました!

111

久しぶりにバドミントンやキャッチボールなどして、楽しかったぁ!息子はいつの間にか、私よりも遠くまでボールを投げられるようになっていて、びっくり。体はやせっぽちなんだけど、意外と筋力はあるようです。成長を感じて、嬉しいやら、寂しいやら(苦笑)。

公園はけっこうな暑さで、子供たちは靴を脱ぎ捨て、噴水の中にジャブジャブ入っていきました。気持ち良さそう~!でもひっくり返らないでね、今日は着替え持ってないからね!!と内心はらはら(笑)。

115

体を動かして、昼ごはんを食べたらすっかり眠くなっちゃって、レジャーシートに寝転がってウトウト・・・。屋外でも寝れちゃう私って、どこでも生きていけそうだわぁ~(;´▽`A``

子供たちが、四葉のクローバーを探していました。ちっちゃな四葉のクローバー発見♪私も這いつくばって探してみたけど、見つけられなかった~(≧ヘ≦)幸せ探しは子供たちの方が上手!?

四葉のクローバーは幸運のモチーフとされているけれど、単に偶然四葉になったのではなく、何度も踏まれて踏まれて、傷んだところから葉っぱが分化したものだそう。本当の幸せも、偶然にやってくるものではなく、努力して、踏ん張って手に入れるものなのかもね。傷みを知ればこそ、本当の幸せを得ることができるのかもしれません。

112

| | コメント (6) | トラックバック (0)

憧れの国

今、世界不思議発見を見てました。この番組、好きなんだよね~。子供の頃から、土曜の夜は父親と一緒に世界不思議発見を見るのが我が家のお約束でした。

今日の舞台は情熱の国、スペイン。
私がいつか行ってみたい国、ベスト3に入る国です。

父が若かりし頃、ほんの数年だけれどスペインで暮らしていたことがあったそうで、子供の頃から何度もスペインのことを聞いていたから、いつか行ってみたいなと思うのです。
闘牛場でダフ屋に騙された話とか、仕事中のシエスタの話とか・・・父の口から聞くのが楽しくて、何度も話してもらったなぁ。
もしもいつか、父と一緒に行けたら幸せだな♪

そして実はフラメンコを習いたいのです・・・。欲望その1(笑)。
フラメンコ習いたい~!!という気持ちがむくむくと湧き上がっているときに、この番組!タイムリー過ぎるっての(≧ヘ≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲兵衛さん

飲ん兵衛さん

新政を温燗(いや、少し熱燗?)で。
酒の肴は、いぶりがっこ、もつ煮、焼きなす・・・。

日本酒を心から愛する方と、ご一緒する機会に恵まれました。
日本酒のことを、あれこれ教わりながら味わってきました。
日本酒の世界、実に奥が深いんですね・・・。もっともっと知りたい!と思うような、興味深い世界に、また出会ってしまいました。欲望は更に膨らむ~(*´д`*)

それにしても、お酒も料理も、おいしかったなぁ~♪

こんなご縁を取り持ってくれた友人に感謝!
また日本酒を楽しみに行きましょう♪
だって、私たちは飲兵衛さん(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

強欲

あれもしたい、これもしたい!
あれも観たい、これも観たい!
あそこに行きたい、ここも行きたい!
あれも食べたい、これも食べたい!

あぁ〜、欲の塊だよ、今の私(-.-;)
取捨選択が難しい…。
抜け殻みたいになって、なんにも興味を持てなかった頃からすれば、ずっといいことなんだけどね、それにしたって、ここ最近の自分の欲深さには呆れます(´〜`;)

どんな欲望に駆られてるのかは、いずれ明らかに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝☆2周年

本日、三陸おさかな倶楽部は開店2周年を迎えました!
おめでと~~!!と自分で言ってみる(笑)。

いや、早い!月日の経つのは本当に早い!!
ここまで来るのに、いろんなことがあったな・・・と、しみじみ振り返りました。でも、みんなに支えられて、ここまで辿り着いたんだね。
今では五橋という土地にしっかり根付いて、五橋のみなさんに愛されるお店になっているようで、本当に嬉しいです。
たまにお手伝いに行くと、「あら、今日はお姉さんなの?若旦那は?」とか「いつものお兄ちゃんはいないの?」なんて言われます。そうかぁ、弟は地域のみなさんから「若旦那」とか「いつものお兄ちゃん」って呼ばれて親しまれてるんだね(o^-^o)

仙台のど真ん中で、個人店舗を経営していくことは、生半可な気持ちではできないくらい厳しいこと。でも、好きだから頑張れるんだと思う。私もできる限り支えていきたいな、と改めて思いました。これからも三陸おさかな倶楽部をどうぞよろしくお願いいたします♪

ちなみに、開店2周年セール、明日までやってま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青時雨

東北地方もいよいよ梅雨入りですね。
じめじめして、嫌な季節だなぁ・・・と思ってしまえばそれまで。
でも、私はこの季節と仲良くなりたいなと思っています。

青時雨・・・青葉の季節、葉から零れ落ちる瑞々しい雨の滴のことを、このように呼ぶのだそう。なんとも風流で、美しい日本語ですよね。他にも、翠雨、緑雨、若葉雨・・・青葉の季節に降る雨にはいろんな呼び名があるようです。ただそれだけのことでも、この季節を好きになってしまう私は単純なのかしら(笑)。でも、日本に生まれて良かったなぁと、美しい日本語の響きを耳にしたときに、心から思うのです。

今朝、通勤の車の窓から、小学生の男の子が傘でチャンバラごっこをしているのを見かけました。雨はけっこう降っていたのに、濡れるのもお構いなしではしゃぐ二人の男の子。その笑顔が妙に印象的で・・・思わず私も笑ってしまいました。だって、私も男の子みたいに、傘で遊んじゃうような子供だったから(苦笑)。
傘、壊してばっかりだった。
長靴に雨水を汲んで、それを履いて・・・じゃぶじゃぶと、足に水の感触を感じて楽しんだりもしたなぁ。「あんたっ、なにやってんの!!」と言いながらも、そんな遊びを許してくれた母。だから、長靴の中の水の感触が面白いってことを、私は知ることができたんだ。
今の私、そういえばそんなゆとりを持ってないなぁと、自分を振り返りました。子供にそんなことされたら、間違いなく怒っちゃう。「汚れた長靴を洗う」という余計な仕事ができるから。でも、こうして遊ぶことで、私もいろんなことを感覚を身に付けてきたんだよね。たとえ汚れ物が増えたって笑い飛ばせるくらい、もっと、おおらかにならなくちゃ・・・と反省。

今朝は、そんな遠い昔のことを思い出しながら、そして、今の自分をちょっと反省しながら職場に向かって車を走らせました。雨は、私に優しい気持ちを連れてきてくれます。
これからしばらく続くであろう梅雨を、楽しみながら過ごせたらいいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瑞鳳殿

仙台市民になって、16年もの歳月が流れましたが、行ったことのない場所がたくさんあります。瑞鳳殿もそのひとつでした。伊達政宗の墓所なんですね。それすらも曖昧で、仙台市民としてお恥ずかしい・・・(A;´・ω・)アセアセ

仙台駅からシティループバス「るーぷる仙台」に乗車して出発。気分は観光客~♪なんたってバス好きですから!昨日、ドツボなバスツアーを見つけてしまい、興奮しちゃったくらい(笑)。

瑞鳳殿前で下車し、急勾配の参道を歩きました。杉木立に囲まれ、ひんやりとした空気が流れていました。紫陽花の蕾も膨らんでいて、中には咲いている紫陽花も少しありました。6月下旬からが見頃だそうで、う~ん、もうちょっと遅い時期に来ればよかったかな・・・とも思いましたが、再びここに訪れるきっかけになると思えばいいか。またひとつ、仙台の紫陽花の名所を知ることができて良かったです♪

瑞鳳殿は、豪華絢爛な建造物なのですね。とても色鮮やかな極彩色。これ全部、人の手が作り出したものなんだよなぁ・・・と、しばし見入ってしまいました。人の手って、すごい。

019_2

023

025

天気のよい平日の昼下がり、一人で心静かに散策。
太陽と、木々と、大地のエネルギー。そして歴史の持つエネルギーを存分に味わった休日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

写真追加しました。

アルバムに写真を6枚追加しました。
なぜか似たような写真ばかりですが、私の好きなもの、心に触れてくる風景だから仕方ない(笑)。

http://rubyred-cranberries.cocolog-nifty.com/photos/photo2009/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔で

笑顔で
「みなさん、心にカビ生えてませんかー!?」

ある先生が、今朝、生徒達にこんなことを問い掛けました。
私の心臓がどっくん!と跳ね上がった気がしました。

その先生が続けて「目に見えるカビはいいんです。でも、目に見えない、心に生えるカビは怖いですよー。しかもそれは周りの人達にもうつります!」と。

どきどきっ!

「周りで辛そうな人がいたら、一緒にお話ししてあげて下さい。自分が辛くなったら、お友達に話しかけてみて下さい。みなさん、心にカビを生やさないようにね〜!」

生徒達にそう語りかける先生の笑顔に、心奪われました。

実は、カビ生え始めてました、私~(>_<)
しかも、周りにうつすところだった!いや、もう既にうつしてたかも!?
でも今朝見たその先生の笑顔に、どうせ周りにうつすなら、カビよりも笑顔のほうがずっとイィ!と思いました。

いつも笑っていよう。笑顔、笑顔o(^-^)o

当直明けの午後、体はへとへと…だけど、子供達と一緒に「海の見える丘公園」に来ました。
青い水平線のように、静かに、穏やかに、そしてまっすぐに。
微笑みを絶やさず、いろんなことを見つめて行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金太郎

金太郎

彼が金太郎さん・・・ではありません(笑)。

傘をかぶった裸電球。
昭和のポスター。
使い込まれた古いラジオ。
流れてくる懐メロ、全部歌えちゃう~(苦笑)。

そして、梅酒→ゆず酒→梅酒→ゆず酒→梅酒・・・。

あ~・・・飲んだぁ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。ほわわ~んん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日という日

今日という日
早朝4:30の仙台の空。
光を反射している波みたいだな〜と、寝ぼけ眼でぼんやり眺める。

朝日を浴びつつ、外で飲むコーヒーは最高♪空気がひんやりと澄んでる。
こんな気持ちの良い朝は、今日という日がどんな一日になるのかと楽しみになってくる。それが大嫌いな木曜日であっても。
さぁ今日も頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おさんぽ

予定のない休日。とりあえず電車に乗ってはみたものの…目的地なし。
ならば、おさんぽしようかなと思い、長町で途中下車しました。長町商店街をぶらぶらし、気になるお店をのぞき見し、ひたすら歩く歩く。長町商店街、なかなかおもしろいね。
おしゃれなカフェでのランチ計画は、商店街のおにぎり屋さんの前で崩れ去りました。おにぎりと串かつをテイクアウトして、公園でぱくり。美味しかった~♪
006 

河原町まで来て、今度は広瀬川の土手沿いを愛宕橋方面に向かって歩く。自転車で走り去る人たち、さんぽ中の老夫婦、ジョギング中のおじさん…いろんな人とすれ違う。川の向こう側にも、ベビーカーを押すお母さん、テニスの練習中の若者・・・。みんなに挨拶したいような、朗らかな気分になるね♪

広瀬川は、川なのになぜかウミネコみたいな鳥も飛んでる。緑のアーチが風にそよいで、あ~…のどか。009_2
なんだかまだまだ歩けそうな気分になり、そのまんま広瀬川沿いにずんずん歩いて歩いて・・・あら?ここはもう米ヶ袋?
大好きなカフェに辿り着いてしまいました(笑)。

長町から米ヶ袋・・・さて、何キロ歩いたかな?でも、ちっとも疲れてない。東京に行ったときにも履いていた、究極に疲れにくい靴に拍手~(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

阿修羅

先日、東京で「国宝 阿修羅展」を観て来ました。
興福寺に保存されている阿修羅像。
阿修羅展では大混雑のため、実はあまり心行くまで観ることができませんでした。もう一度じっくり観たい~!

昨日訪れたカフェの書棚に、たまたま興福寺の特集本があったので、手に取りました。とても興味深い内容でした。
興福寺についてここで私が語るのは、あまりに付け焼刃的な知識なのでやめとくとして・・・。ただ、阿修羅像について、その本の著者が語った言葉が心に残りました。そこから感じたことだけ、ここに書き残しておこう。

「阿修羅は世の中の悪を、仏の慈悲でもってすべて受容している。右顔は世の不正を憎み、唇を噛み締めている。私はそれを見て感じるのだ。すべてを赦しつつ、それでも不正を憎む心を持ち続けなければと」

阿修羅の正面のお顔を拝見すると、厳しくも慈愛に満ちた表情をしているように私には見えました。そしてやや悲しげにも。
阿修羅はもともと、不正を憎むあまりに魔神となり、そこからさらに救われたお姿なのだそう。すでに救われ、仏教の守護神となった存在、それが阿修羅なのだと解説されていました。
本当はもっともっと、深い深い歴史と様々な思想などがあって、専門的に勉強なさった方が読んだらお笑い種かもしれませんが・・・あくまで私が感じたことなので笑い流してくださいね。

赦すこと、それはつまり自分自身が救われるということでもあるのかな。赦せずに苦しんでいる間は、自分だって救われないものね。
赦して、自分も救われて、それで初めて慈愛の表情を浮かべることができるのかもしれない。そして、そこに悪への厳しさも宿る。

その辺まで考えたとき、何かの本で読んだ登場人物のセリフをふと思い出しました。
「赦すことは、案外簡単。自分の心の扉を、ひとつ多く開けること、それだけよ」というセリフ。どんな本の、どんなシーンだったかも覚えてないんだけど、このセリフだけがやけに心に残っていました。
人は人を赦し、そして赦されながら生きているのかもしれません。赦すことで、自らの痛みを浄化させ、心の扉を開けて、自分の中により広い心、厳しくも優しい心を育てていく・・・。

簡単には赦せない出来事、世の中にはたくさんあると思います。私の中にも、いまだに固執してしまう、「赦せない気持ち」が存在していて、時々、あの日々を思い出すと苦しんでしまう。
だけど、少しずつ解き放ってあげるしかないのだとも思う。ゆっくりと、軋む重い扉を開くようにしながら、赦せるように・・・。

なんだか語ってしまいました・・・。
でも、そんな気持ちにさせられ、じんわり涙雲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私がキャバ嬢だったら・・・

一人で大爆笑~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
ネットでこんなもの見つけちゃったよ!

本名でやってみたので、結果だけここに書いちゃおう。

もしも○○(私の本名)がキャバ嬢だったら・・・

  源氏名:虹百合舞

  店名:キラキラムーンライト

  ランク:No.20

  月収:41万

  指名された有名人:F.T

  主な貢物:勝ち馬投票権

  客の声:とにかく美しい、よく気が利く、体に惚れた

まったくバカバカしいと思いつつ、一人で笑っちゃったよ~。
ちなみに、cranberryでやってみたら、源氏名が「不二子」、月収が353万だって!すごいんだけど(爆)。

同じサイトに戦国プロフメーカーというものもありました。
当然やってみました。
座右の銘は「連休大事」でした(*≧m≦*)
さあ、みなさんもバカバカしいと思いながらやってみましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人肌恋し

いつだって抱き合って、肌のぬくもりを確かめ合いながら眠っていたのに・・・。その寝息に包まれて、私も安心して眠ることができたのに・・・。

寂しい。

いつの間にか、隣で眠ることもなく、その寝息を感じることもできず。
あたたかな肌が恋しいよ。
抱き合って眠りたい。
お願い、私を一人にしないで。
寂しいんだよ・・・。

夫のことではありません。
私は夫ではないオトコと抱き合っていたい。

それは愛する息子です(爆)。

バカですね~。当直明けでナチュラルハイなので、こんなバカなことを平気で書けちゃいますヽ(*≧ε≦*)φ

やっぱり私は寝てるときの体温が高いのかな。高燃費型だけに、寝ながらヒートアップ(笑)。
そろそろ暑くなってきたので、息子が私の布団から無意識のうちに飛び出していくんです。そして夫のそばで寝ている。
私じゃなく夫を選ぶなんて、(`ε´)チッ
冬の間はべったり、私から離れないで眠るのにね~。
あ~、なんかとっても寂しいよ(p´□`q)゜o。。
冷たい布団が寂しくて、なかなか寝付けぬ夜を過ごしている今日この頃です・・・(´・ω・`)ショボーン

でもここ1、2年の間には、寝室自体別にしなくちゃいけないんだよね。そろそろ子離れの準備だなぁ。あ~、寂しいったら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »